2段モーション突然OK 国際化へ公認野球規則から日本独自の項目削除

2段モーション突然OK 国際化へ公認野球規則から日本独自の項目削除

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/12
No image

1回、先頭打者の川島への初球が反則投球と宣告された西武・菊池=17年8月24日

プロ、アマ合同の日本野球規則委員会が11日、都内で行われ、公認野球規則(ルールブック)を改定し、投球動作で「2段モーション」を反則投球とする日本独自の項目が削除された。

「2段モーション」を反則投球とするルールは、五輪やアジアシリーズなど国際試合の増加への対応を目的に、2006年から導入された。しかし、海外のルールブックには「2段モーション」を反則投球とする項目はなく、日本でも国際基準に合わせて削除し、ひどい場合は注意されるが、それでも罰則は受けないことになる。

「2段モーション」は、これまでも球界で議論されてきた。反則投球とされる前の05年には、セ・リーグ理事会で配布された対象選手リストに阪神・藤川、横浜・三浦らが掲載されるなど、現場に大混乱をもたらした。

昨季も西武・菊池が「2段モーション」による反則投球を繰り返し宣告された。これを受け、昨年9月のセ・パ両リーグ理事会で審判員を招いて協議。将来的には、国際基準に合わせるべきという意見が大勢を占めたといい、今回、ルール緩和という大きな判断が下された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日米通算2254安打、右方向へのホームラン...井口資仁の打撃論
DeNAラミレス監督が日本国籍取得へ、既に申請中
DeNA・ラミレス監督、日本国籍を年内取得へ!第二の故郷へ「恩返し」
中日・岩瀬は前人未到の境域へ 意外? 達成者の少ないマニアな記録
森祗晶氏「若手の良い手本、刺激」/片平さん悼む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加