「コードギアス」第2部、福山潤&櫻井孝宏が明かす“新録アフレコ”の裏話は?

「コードギアス」第2部、福山潤&櫻井孝宏が明かす“新録アフレコ”の裏話は?

  • アニメ!アニメ!
  • 更新日:2018/02/15
No image

『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道』初日舞台挨拶オフィシャルスチール(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (c)2006-2017 CLAMP・ST

もっと画像を見る
『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道』は2月10日、新宿バルト9にて初日舞台挨拶を開催。ルルーシュ役の福山潤をはじめスザク役の櫻井孝宏、サンライズプロデューサーの土屋康昌、主題歌「The Moon」を担当した藤原さくらが登壇した。

【フォトギャラリー】「コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道」舞台挨拶の様子を写真でチェック

櫻井は10年ぶりに演じたスザクについて、「アフレコってこんなに肉体労働だったっけって(笑)。当時の自分のがむしゃらさを思い返しながらの収録でしたね」とコメント。土屋プロデューサーは劇場3部作を「『コードギアス』の魅力を凝縮した集大成」と表現し、新旧ファンの両方に向けられた作品であると語った。

また「全編新録のアフレコ」に関するトークでは、福山が「全力で挑んだので、2回目の収録の終わり15分前くらいで喉が完全に壊れて、後日録り直しになりました」と裏側を明かし、「おかげでロロをなじるところだけは先輩に褒められました(笑)」と続けたことで客席からは大きな笑いが。
一人で収録に臨んだという櫻井は「改めてアフレコに取り組むことで、自分が積んできた経験を含め、より色んな角度から作品を楽しめるようになったので面白かったです」と振り返った。

そのほかカットされてしまったお気に入りシーンについて聞かれた福山は「僕の大好きなルルーシュのセリフである『散々使い倒して、ボロ雑巾のように捨ててやる』は、TVアニメの主人公の言葉としては一番下劣(笑)。もう一度言いたかったですね」と残念そうにコメント。これには会場から、笑いとともに拍手も沸き起こった。

最後にはファンに向けて、櫻井が「今回の収録を通して、お芝居の難しさを再び味わいながら作品やキャラクターを作り上げております。第3部『皇道』にどういう風に繋がっていくのか、その後に何が待っているのかを楽しみにしていただければと思います」と挨拶。
福山は「今まで自分が心と身体で感じてきたものをセリフに全て込めたつもりで作品をお届けし、第3部『皇道』もやれるだけのことはやり切ったつもりです。まずは劇場3部作を見届けていただいて、もう一度『コードギアス』に戻ってきていただけますと幸いです」とまとめ、初日舞台挨拶を締めくくった。

『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道』
(C)SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design (c)2006-2017 CLAMP・ST

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロンブー・田村淳の青学大「全学部不合格」に批判殺到
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
“黄金ボディ”小倉優香、進化の止まらない美しいビキニ姿を披露
東京マラソン、キリストの人出場不能になっていた衝撃の理由は・・・
極楽とんぼ山本、40代最後のガチ告白をするも玉砕!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加