グルメやワークショップも堪能! 過去最大規模「赤坂蚤の市」4周年イベント開催

グルメやワークショップも堪能! 過去最大規模「赤坂蚤の市」4周年イベント開催

  • シネマカフェ
  • 更新日:2018/04/17
No image

「赤坂蚤の市 in ARK HILLS~4thAnniversary~」

もっと画像を見る
東京・港区のアークヒルズにて定期的に開催されている「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」が、今年4月で4周年を迎える。この度これを記念し、年に一度のアニバーサリー特別企画「赤坂蚤の市 in ARK HILLS~4thAnniversary~」が4月22日(日)に開催されることが分かった。

「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」は、ヨーロッパの蚤の市のような雰囲気溢れる空間が楽しめる、毎月第4日曜日に定期開催されているイベント。今回開催されるアニバーサリーイベントでは、通常より開催時間を2時間拡大し、過去最大規模となる100店舗以上が出店。有名アパレルブランドとの1日限りのコラボレーション、貴重なアンティーク家具の販売、話題のレストランのキッチンカーでの出店、そしてワークショップなど、豪華なラインナップとなっている。

ポイント1:こだわりアイテムがずらり! 有名アパレルショップとSPコラボ!

「ANATOMICA」「MHL」など、ヨーロッパにルーツを持ち、流行やトレンドに左右されない普遍的な価値を発信するアパレルブランド7店舗と、1日限りのスペシャルコラボレーションが実現。各店がこだわり抜いてセレクトした様々なアイテムが並ぶここでは、通常の店舗では手に入らない貴重な商品との出会いもあるかも?

ポイント2:新生活にアンティーク家具はいかが?

また、アンティークなオシャレ家具が揃う、アンティークファニチャーエリアが登場。新生活にピッタリの椅子やテーブルなどの大型家具、ドアなどの建具、店舗用の什器、実用性のあるインダストリアルの照明など注目ディーラーによる逸品が並ぶ。

ポイント3:初出店が3店舗も! 人気レストランの屋外グルメを堪能

蚤の市ではお買い物はもちろん、合間に食事も楽しみたい。そんなときは、キッチンカーに寄り道を。今回は初出店3店舗を含む話題の5店舗が登場! 注目必至は、京都からの出店となる人気ワインビストロ「Le 14e(ル・キャトーズィエム)」と中野で話題のフレンチレストラン「松き(まつき)」。両者の料理とコラボする自然派ワインにクラフトビール、コーヒーまで登場する。

「Le 14e」<New>×「Le cabaret」

全国の肉好きが足繁く通う京都のフレンチビストロ「Le 14e」と、2004年に代々木上原でオープン以来、圧倒的な人気を誇るワインバー「Le cabaret(ル・キャバレ)」。瑞々しい赤身に程よく脂が溶け込むステーキは噛むほどに旨味があふれ、自然派ワインとも相性抜群!

「松き」<New>×「Watering Hole」<New>×「PADDLERS COFFEE」

2017年のオープン以降、瞬く間に予約困難となった人気店「松き」と、代々木のビアバー「Watering Hole(ウォータリングホール)」、そして「PADDLERS COFFEE(パドラーズコーヒー)」。軽やかなフレンチと爽やかなビール、香り豊かなコーヒーが織りなすハーモニーをお楽しみあれ。

ほかにもみどころたくさん!

さらに、ステンドグラス体験やオリジナルアクセサリー、アロマキャンドル作りなど、クラフトワークショップ体験のブースが登場するほか、様々な場所に現れいまを切り取る、フォトグラファーによる移動型写真館の出現や、会場の雰囲気を盛り上げるミュージック&パフォーマンスも披露される。

<「赤坂蚤の市」開催概要>
「赤坂蚤の市 in ARK HILLS ~4th Anniversary~」
日時:4月22日(日)10時~18時 ※通常より計2時間延長
会場:アークヒルズ アーク・カラヤン広場 ※雨天決行、荒天中止

「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」
日時:毎月第4日曜日11時~17時 ※雨天決行・荒天中止
会場:アークヒルズ アーク・カラヤン広場

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
美味しくて美しいアメリカン寿司をリズミカルに作る、お料理動画が素晴らしい
【コスパ最高】寿司食べ放題&日本酒飲み放題が4000円という天国に行ってきた話 / 東京・錦糸町「LITTLE SAKE SQUARE」
サブウェイで野菜が盛り放題!1日限りの「野菜全力デー」--トマトもピクルスも、好きな野菜を好きなだけ
辻希美、スーパーの餃子の値段が高いと手作りするもなぜか批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加