最新ランキングをチェックしよう
火星で「太古の生物の痕跡」―今回のNASA発表はなぜ「世紀の大発見」なのか

火星で「太古の生物の痕跡」―今回のNASA発表はなぜ「世紀の大発見」なのか

  • THE PAGE
  • 更新日:2018/06/11

アメリカ航空宇宙局は7日、火星探査機キュリオシティ(Curiosity Rover)が採取した土壌試料の中から、有機物と大気中のメタンを検出したと発表しました。これは、火星に生物が存在したという仮説を裏付ける「世紀の大発見」の可能性があります。 今回の発見が地球や火星など宇宙の生物起源を探る手がかりになるのか ── 。古生物学者の池尻武仁博士(米国アラバマ自然史博物館客員研究員・アラバマ大地質科学

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
わずか数ミリという極小サイズなのに世界最速の生物でもある「Spirostomum ambiguum」
「ブルーライト」で失明が早まる!?米トレド大学が発表
老化から若返りへ!?成長したヒト細胞の老化を逆転させることに成功(英研究)
NASAの探査機パーカーが、灼熱に溶けることなく太陽に近づける理由
木星の表面に現れる無数の「雲の帯」が作り出されるメカニズムの解明が進む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加