スター・ウォーズの大展覧会が本格始動 日本公開日にHPグランドオープン

スター・ウォーズの大展覧会が本格始動 日本公開日にHPグランドオープン

  • おたくま経済新聞
  • 更新日:2019/06/24
No image

「スター・ウォーズ」のクローン技術

6月24日は、映画「スター・ウォーズ」が日本で初上映された日です。そんな記念すべき日に、「スター・ウォーズ」の世界を体感できる大規模な世界巡回展「STAR WARS Identities: The Exhibition」の日本ホームページがグランドオープン。さらにオリジナルグッズの発売決定および、SNS(Twitter:@SWID_JP、Facebook:@StarWarsID)もスタートしました。

【関連リンクはこちら】

No image
No image
No image

1978年の映画日本初公開から、41年。2019年12月に公開される最新作で、スカイウォーカー家をめぐる物語「スター・ウォーズ」がついに完結。この歴史的なタイミングを前に、大展覧会「STAR WARS Identities: The Exhibition」が2019年8月8日~2020年1月13日まで、東京・品川の寺田倉庫G1-5Fで開催されます。

本展では、映画で実際に俳優たちが着用した衣裳や作中で使用された小道具、模型やキャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなど、制作過程を辿れる貴重な展示品が約200点も展示されます。ちなみに、これらの展示品は今後、ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵されるため、これだけの規模の展示品を見ることができるのは、日本では最後の機会となります。

No image
No image

そして、本展の注目コンテンツの1つとして楽しみなのが、インタラクティブ・クエスト。会場内に設置されたインタラクティブスペースで出題される質問に答えながら、ID付きブレスレットをタッチしていくと、来場者の性格や価値観などのアイデンティティーが反映された、オリジナルキャラクターを作ることができます。オリジナルキャラクターの種類は、なんと5000万通り以上。さらに、そのキャラクターは、自身のPCやスマホに転送でき、SNSでシェアすることも可能。一体どんな「スター・ウォーズ」ヒーローが生まれるのか、楽しみですね。

No image

会場では、ここでしか手に入らないオリジナル・グッズも販売されます。本展のためだけに描き起こされたオリジナルアートがふんだんに使用され、ファン必見のラインナップになっています。詳細は、オフィシャルHPやSNSなどで随時、発表していくとのことです。

また、SNS(Twitter/Facebook)とYouTube「STAR WARS Identities: The Exhibition」では、日本展アンバサダーの市川紗椰さんが先日閉幕したシドニー展を観 覧した様子などの動画や、展示の内容や見どころが詰まった動画をはじめ、写真や情報を随時発信していくとのこと。

「スター・ウォーズ」史上最大規模にして、国内最後の体験型ミュージアム「STAR WARS Identities: The Exhibition」は、8月8日から寺田倉庫G1-5Fで開催。この機会に、ぜひ「スター・ウォーズ」の世界にたっぷり浸ってみてはいかがでしょうか。

No image
No image

(C)&TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.
情報提供:スター・ウォーズ アイデンティティーズ 日本実行委員会

(佐藤圭亮)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「うた☆プリ」HE★VENS声優陣が明かす!彼らの強みは“家族感”<インタビュー>
“新海ワールド”生み出す秘密大公開!作画の前に動かす「ビデオコンテ」でイメージ共有
“真犯人”は誰!? 「増田説」まで登場...黒幕予想合戦が過熱中!「ボイス 110緊急指令室」第2話
廃墟マニアにはたまらん物件。いわくつきのテーマパーク「天空のゴーストタウン」廃墟が売りに出されている件(アメリカ)
「27年間、お前たちをずっと待ち焦がれていた......」 待望の完結編『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』最新予告編解禁[ホラー通信]

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加