4連敗日本メンバー申告で痛恨ミス ドタバタ舞台裏

4連敗日本メンバー申告で痛恨ミス ドタバタ舞台裏

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

<バレーボール:ワールドグランドチャンピオンズ杯(グラチャンバレー)>◇第4日◇16日◇大阪市中央体育館

世界ランキング12位の日本は、同8位イランに1-3で敗れ4連敗となった。

まだ勝ち点もなく、非常に苦しい大会になってしまった。だが、それ以上に中垣内祐一監督(49)にとっては痛恨のミスがあった。

先発メンバーの申告に、本来ウイングスパイカーの山本を記入するところを、これまでの習慣からエースの石川を記入。そのため先発メンバーのアナウンサーでは笑顔の石川がいったんコートに立ったが、右膝痛で前日のイタリア戦も欠場しており、試合ができるまで回復しておらず、サーブを打つ前に山本と交代していた。試合開始直後の選手交代は非常に珍しい。

試合後の中垣内監督はその点を指摘されると「あれは山本と石川のメンバーを間違えて申告していました。取り返しのつかないこと。1本サーブが入る前にメンバーチェンジをしました。つまり、1セットのメンバー交代を1回損したことになります。もちろん、山本にスタメンは言ってありました。入れ間違いがあった。ついついいつももクセで。本来あってはいけないこと。ヒューマンエラーの1つです」と、正直にドタバタの舞台裏を明かした。

その後、会見では選手の集中力低下、メンタル面の強化について話が出ただけに、監督以下スタッフにとっても集中力を欠いたと指摘されても仕方のないミスだった感は否めない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
西武・野上 プロ初完封!4年ぶり10勝 元モー娘梨華夫人と支え合い「感謝」
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
多摩大目黒vs駒場学園
高校野球ドットコム
長嶋一茂、プロ志望・清宮に辛口評価「あの守備は無理」「最初は2軍から」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加