ロシアがクリミア半島が描かれた新たな紙幣を発行

ロシアがクリミア半島が描かれた新たな紙幣を発行

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

動画を見る(元記事へ)

ロシアは、一方的に併合を宣言しているウクライナのクリミア半島が描かれた新たな紙幣を発行しました。

12日から流通が始まった200ルーブル札には、クリミア半島の都市セバストーポリの観光名所が描かれていて、デザインは国民の人気投票によって選ばれたとされています。
ロシア連邦中央銀行・ナビウリナ総裁:「このデザインがルーブルの価値を損なうことなどあり得ない」
ロシアの中央銀行は新紙幣の発行で経済の活性化を期待しています。ただ、欧米諸国の反発は必至で、ロシアへの経済制裁の長期化などを招いて、かえって景気が悪化すると懸念する声も上がっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
分散型ゲームプラットフォーム「MOLD」、仮想通貨を事前販売
売上減少のヤクルト、ネット販売進出でヤクルトレディはどうなる?
“倒れないバイク”再び ホンダが改良版、東京モーターショーに出展
神戸製鋼「社員向け」掲示板が「阿鼻叫喚」 「娘がいるんだ!」「家のローンが!」
【魔改造】スーパーバイク「スズキ・GSX−R1000」のエンジンを積んだ自動車の走行音が大迫力すぎてヤバい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加