フジテレビの非常事態は続く......『27時間テレビ』視聴率微増でも、際だった“タイミングの悪さ”

フジテレビの非常事態は続く......『27時間テレビ』視聴率微増でも、際だった“タイミングの悪さ”

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2017/09/15
No image

歴代ワースト2位の低視聴率を記録した今年の『27時間テレビ』(フジテレビ系)。お笑い色を排し、教養バラエティ路線を取ったため、開始早々、ネット上には「おそろしくつまらない」との声が相次いだ。

そうしたお笑いファンを最も落胆させた企画が『さんまのお笑い向上委員会SP』だろう。録画放送とはいえ、“ハプニング”が期待される企画だったが、肩透かしを食らってしまったのだ。番組では、出演者が歴史上の人物に扮して登場。先ごろ不倫騒動が報じられた雨上がり決死隊の宮迫博之は「文春砲直撃の侍」に扮した。だが、内容はさして真新しさはなかった。

「報道から1カ月以上たっているので、完全にタイミングを逸してしまった感はありますね。宮迫の不倫報道は同局の『バイキング』はじめ、『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)でもすでにイジられており、こすり倒されたネタです。さらに事前の録画放送ため、山尾志桜里衆院議員の件に触れることができず、“不倫評論家”と化した新たな宮迫像も生かし切れていませんでした」(放送作家)

それ以外にも、今年の『27時間テレビ』は、あらゆる意味でタイミングの悪さが際だったといえよう。

放送中、総合司会のビートたけしは「ヴェネツィア国際映画祭」参加のため海外におり、村上信五は福岡で関ジャニ∞のコンサートをこなしていた。これでは、放送日の後ろ倒しと録画放送は、単に両者のスケジュールに配慮しただけと見られても仕方あるまい。

「かつて、たけしさんが総合司会を務めた90年代の『27時間テレビ』では、フジの生放送を抜け出し『スーパージョッキー』(日本テレビ系)へ出演。その場では『起きてますか?』と突っ込まれるシーンなどが見られました。今年も裏番組に生放送の『情報7days ニュースキャスター』(TBS系)があり、どうなるかと期待されましたが、こちらも欠席扱いだったのは残念です」(同)

視聴率は歴代最低だった昨年より微増するにとどまったことから、『27時間テレビ』の新路線は成功したとは言えまい。フジテレビの“非常事態”は、今後も継続しそうだ。
(文=平田宏利)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
発生から30年!ドキュメンタリードラマで宮崎勤元死刑囚の「肉声」が初公開に
セクシーすぎるビキニ美女11人と板尾創路の衝撃カットが公開!
テレビ業界激震!「元SMAP」3人、AbemaTVに72生時間出演してしまう!
『ニュースキャスター』が学校給食問題を特集 ビートたけし「ガタガタ抜かさず黙って食べろ」
武井咲主演「黒革の手帖」の打ち上げで流された「衝撃映像」に共演者ドン引き!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加