最新ランキングをチェックしよう
頭蓋骨を切断し遺体の肉をそぎ落として食す。古代ブラジルで執り行われていた死の儀式(ドイツ・ブラジル研究)

頭蓋骨を切断し遺体の肉をそぎ落として食す。古代ブラジルで執り行われていた死の儀式(ドイツ・ブラジル研究)

  • カラパイア
  • 更新日:2016/12/01

古代ブラジル人が行っていたという儀式。それは遺体の歯を引き抜き、体の肉をそぎ落として火あぶりにして食すという死の儀式だったようだ。

 その証拠となる26体の遺体が発見されたのは、ブラジル東中部のラパ・ド・サント(Lapa do Santo)の洞窟だ。ドイツ、マックス・プランク進化人類学研究所とブラジル、サンパウロ大学の調査チームによると、10,300~10,600年前頃、もともとラパ・ド・サント

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
グルテンフリー食を強いられた生後7か月男児、栄養失調で死亡(ベルギー)
プロペラ機の傑作「DC-3」 神戸での体験フライトに参加してみた
6月も続く欧州の政治イベント-メイ首相の保守党、マクロン大統領の共和国前進が議会選で優位を保つ-
赤子虐待の様子を「チェキ」で撮影し、殺害した17歳鬼畜風俗嬢
ヒンズー至上主義団体、色白の「秀でた」子づくり指南で非難浴びる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加