最新ランキングをチェックしよう
頭蓋骨を切断し遺体の肉をそぎ落として食す。古代ブラジルで執り行われていた死の儀式(ドイツ・ブラジル研究)

頭蓋骨を切断し遺体の肉をそぎ落として食す。古代ブラジルで執り行われていた死の儀式(ドイツ・ブラジル研究)

  • カラパイア
  • 更新日:2016/12/01

古代ブラジル人が行っていたという儀式。それは遺体の歯を引き抜き、体の肉をそぎ落として火あぶりにして食すという死の儀式だったようだ。

 その証拠となる26体の遺体が発見されたのは、ブラジル東中部のラパ・ド・サント(Lapa do Santo)の洞窟だ。ドイツ、マックス・プランク進化人類学研究所とブラジル、サンパウロ大学の調査チームによると、10,300~10,600年前頃、もともとラパ・ド・サント

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マレーシアの格安航空機でエンジントラブル 乗客の祈り通じ、無事に着陸
【報ステ】『イスラム国』中東から東南アジアへ
小出恵介淫行騒動で大阪府警が少女の背後にいる「大人」をマーク
米タイム誌「ネット影響力25人」 シリア難民の少女選出
妊娠・出産した生徒は退学を、タンザニア大統領が発言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加