照強、坂元改め大奄美、力真が新十両

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30

日本相撲協会は30日、福岡国際センターで来年初場所(1月8日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を行い、照強(21=伊勢ケ浜)、力真(21=立浪)、坂元改め大奄美(23=追手風)の新十両昇進を決めた。再十両は若乃島(32=芝田山)、希善龍(31=木瀬)の2人。

年寄「荒磯」を襲名した元前頭玉飛鳥ら19人の引退も発表された。引退力士は以下の通り。水口、萬華城、伯錦、松葉山、春日丸、熊王、福の邦、福倭、幸山、春日里、篠目錦、大勢(ともに春日山)大神風、鶴乃湖(ともに高田川)石井(千賀ノ浦)吉本(東関)谷口(大嶽)中尾海(出羽海)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
14日目にも3度目V決定の鶴竜「意識せず一番一番」
102年ぶり新入幕Vだ!石浦、トップに並んだ10連勝/九州場所
横審、稀勢の初場所綱とりに慎重 優勝でも「賛成とは...」
丸山茂樹 “いいヤツ”朝青龍を「ほんと、もったいないですね」
宇良、土俵際で“フロントスープレックス”も惜敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加