“デンデンコンビ”侍J京田&源田 スピード野球体現

“デンデンコンビ”侍J京田&源田 スピード野球体現

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

◇練習試合 侍ジャパン3―3日本ハム(2017年11月12日 宮崎・清武SOKKENスタジアム)

No image

<日本ハム・侍ジャパン>3回無死、京田は中前打を放つ

二遊間を組んだ京田・源田の侍ジャパン1、2番コンビが初実戦から躍動した。3回先頭の京田が中前打で出塁。続く源田はランエンドヒットで右方向に転がし、二ゴロの進塁打で1死二塁に。その後の山川の右犠飛につなげた。

京田は4回2死一塁では二塁手のグラブをはじく安打で、一気に二塁を陥れた。「監督から“積極的に次の塁を狙え”と言われているのでできてよかった」。ともに盗塁リーグ2位。両リーグの新人王筆頭候補の2人が、稲葉監督の目指すスピード野球を具現した。

本職は遊撃手の京田は実戦経験の少ない二塁守備も無難にこなし、源田も「違和感なく、コミュニケーションを取れてやれた」と手応えを口にした。「選手は積極的に走るなど機動力を見せてくれた」と稲葉監督。“田田コンビ”には「1、2番がどう機能するか楽しみだった。相手チームにはいやらしいでしょう」と合格点を与えた。 (後藤 茂樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロ野球「崖っぷち」松坂&村田の再就職先は?
中村に押し出されたもう1人の中村 広島戦力外26歳のアピールは他球団に届くか
巨人岡本が村田背負う...決意の背番変更キングの25
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
巨人山口、中日平田...期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加