ホットロッドカスタムショー2017は見応えタップリ...国内外の新旧ハーレー

ホットロッドカスタムショー2017は見応えタップリ...国内外の新旧ハーレー

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/05
No image

RTB Motorcycleの看板娘、千羽さん。

もっと画像を見る
第26回ヨコハマホットロッドカスタムショーが3日、パシフィコ横浜で今年も開催され、大盛況のうち幕を閉じた。

メインステージ前に大きなブースを構えたのは、ハーレーダビッドソンジャパン。今回は2018年式でメインフレームとエンジンを一新したソフテイルファミリーをディスプレイ。シート下に隠れるリアサスペンションを露わにした展示車には、新設計モノショックを熱心に見るギャラリーが後を絶たなかった。

ハーレーのカスタムは今年も多い。オリバー・ジョーンズ率いる『CUTRATE』は、バイクやスケート、音楽のクロスオーバーをメインテーマにアメリカ西海岸から日本のストリートカルチャーに新たな息吹を送り込んでいるが、そのオリバーが持ち込んだのが『FXRTCT』。1982年式FXRをベースに、ターボチャージャーをセットしたツインカムエンジンを搭載するクラブマシンだ。

もちろん高年式モデルもある。「Battle of the Kings」はハーレーの正規ディーラーたちが競うカスタムコンテストで、欧州を皮切りにここ日本でも開催されているが、イギリスで2015年と16年に連覇を果たしたウイナー、チャーリー・ストックウェルさん(WARR'S KING'S ROAD CUSTOMS)が17年式のストリートボブで初出展。

パンヘッドを模したシリンダーヘッドカバーを持つツインカムエンジンは、ギヤチェンジのためのハンドシフトバーがトランスミッションから伸び、そこにクラッチレバーを備える。ハンドル左側にはレバー類は一切なく、スッキリしている。

チャーリーさんは言う。「15歳の頃に日本のハーレー専門誌を見てから、日本のカスタムシーンにずっと興味がありました。ムーンアイズ(ホットロッドカスタムショー)への出展は念願です」

日本のアワード常連組も見応え抜群だった。『CHERRY’S COMPANY』は主宰の黒須嘉一郎さんが、1949年のパンヘッドチョッパーをビルドアップ。フロントフォークを長く伸ばしたスタイルで、リアサスペンションはショックユニットが後輪に直結するプランジャー式に。FRP製のワンピースボディなど見どころは多く、黒須さんは「レイト・セブンティーズです」と教えてくれた。

フルカバードのアルミ叩き出しボディという、これまでの常識を覆すようなスタイルは『CUSTOM WORKS ZON』。もし、カウル下部の僅かな隙間から見えるプリマリーチェーンケースで、スポーツスターであることが判る人はかなりのマニアだろう。ビルダーの吉澤雄一さんがトラスフレームとスプリンガーフォークでシャシーを製作。複雑な構造をあえて隠している。

18年式でラインナップから姿を消したダイナファミリー。それをベースにした“クラブスタイル”のカスタムをならべたのは『RTB Motorcycle』。ビキニカウルを備え、足まわりを強化してペイントにも凝るのがそのスタイルで、同店の得意とするところ。オーナーの立花さんは大阪府池田市の店舗に「気軽に足を運んで欲しい」と、敷居が決して高くないことをアピールする。

260mmという太いリアタイヤのストリートボブなど4台を展示した『BADLAND』、ピンクベースで塗った車体にショベルヘッドを積んだ『HOT CHOP』、2010年式ローライダーをFXRポリスに仕立てた『Orange Speed Shop』、フレームまでクロームを施したネオフリスコ『SWALLOWTAIL』の1971年式FXなども注目を集めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
米ディズニー、フォックス買収で正式合意!
あの「リッツ」そっくりの商品が店頭に並び始めたワケ
三越伊勢丹が「正月3が日休業」を断念...ネット上には「仕方ない」という声も
大塚家具、経営危機へ...久美子社長の改革失敗、父・勝久時代より経営悪化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加