最新ランキングをチェックしよう
名倉潤の悲劇は他人事ではない...日本の慢性痛医療の知られざる事情

名倉潤の悲劇は他人事ではない...日本の慢性痛医療の知られざる事情

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/09/11

ヘルニアと慢性痛は無関係
去る8月1日、お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤氏(50)が、頸椎椎間板ヘルニア手術後の侵襲(しんしゅう)によってうつ病を発症したため、リハビリに専念すべく約2ヵ月間休養すると、所属するワタナベエンターテインメントが発表した。
名倉氏は、慢性的な痛み・しびれを解消するために昨年6月、頸椎椎間板ヘルニアの手術を受け、術後わずか10日で仕事復帰。手術は成功して経過は良好だった

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加