セシウム入り燃料による「プラズマステルス」が可能だった偵察機「A-12」

セシウム入り燃料による「プラズマステルス」が可能だった偵察機「A-12」

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/09/17

ロッキード社が開発し、アメリカ空軍で1960年代から1990年代に運用されていた超音速・高高度戦略偵察機「SR-71」は、その独特の機体形状と「ブラックバード」という愛称がよく知られていた機体です。そんなSR-71の前身といえる偵察機「A-12」には、「セシウム入り燃料を燃やして発生したプラズマでステルス化する」というプロジェクトが存在しました。
The SR-71 Blackbird's Pre

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加