メジャー通算138勝、ジョシュ・ベケット氏が逮捕 酔った勢いで“悪ふざけ”

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

元メジャー投手のジョシュ・ベケット氏(37)が11日、テキサス州にあるカントリーミュージックのライブハウスで開かれたオープンマイク(店が飛び入りの客にマイクを開放するイベント)で逮捕された。

米国のゴシップサイト「TMZ」によると、ベケット氏は自身のバンドが演奏中、ステージ上のメンバーに飛びついてタックルをお見舞い。地元警察はひどい酩酊状態にあったベケット氏が、自身や周囲に危害をもたらすと判断し、逮捕に踏み切った。本人はメンバーに飛びついた事実を認め、悪ふざけのつもりだったと話しているという。

ベケット氏はマーリンズ、レッドソックス、ドジャースの3球団で活躍し、2014年限りで現役を引退。メジャー14年間で通算138勝をマークした。マーリンズ時代の03年にはワールドシリーズMVP。レッドソックス時代の07年には20勝で最多勝利のタイトルを獲得した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】素手、ダイビング、帽子にスッポリ...今季最も記憶に残るファンのキャッチは
ポストシーズンに弱い?ダルビッシュは着せられた汚名を返上できるか
【MLB】ヤンキース来春キャンプ日程発表、田中将大らバッテリー陣は2月14日始動
メジャー球場に見るスタジアムの寿命、変わりゆくスタジアムの持つ意義
【MLB】MVPスタントンの争奪戦が“活性化” ジャイアンツが獲得へ「正式オファー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加