阪神メッセンジャー打球直撃右足骨折か、抹消確実

阪神メッセンジャー打球直撃右足骨折か、抹消確実

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

7回裏巨人無死、阿部の打球が右足に直撃し降板したメッセンジャー(撮影・たえ見朱実)

<巨人5-2阪神>◇10日◇東京ドーム

阪神はメッセンジャーの負傷降板から暗転し、痛恨の逆転負けを食らった。同点の7回無死、4番阿部のライナーがメッセンジャーの右足くるぶし付近に直撃。6回0/3を2失点のまま降板し、試合中に東京都内の病院へ向かった。

試合は同点の8回裏にセットアッパー・マテオが3失点。金本監督はメッセンジャーについて「そこが一番心配」と表情を曇らせたが、骨折したとみられ出場選手登録抹消は確実。今季11勝右腕を欠く苦境に立たされた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カージナルス逆転満塁弾呼び込む幸運の猫乱入
中日・岩瀬、メモリアル飾れず6敗...2軍降格申し出も引退は否定
DeNA・ラミレス監督、今季初同一カード3連戦3連敗も「心配ない」
東海大菅生 3発で初の4強
デイリースポーツ
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加