14年間所属の“名物ホペイロ”が名古屋退団...松浦紀典氏との契約満了発表

14年間所属の“名物ホペイロ”が名古屋退団…松浦紀典氏との契約満了発表

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/12/01
No image

名古屋グランパスは30日、トップチームのプロホペイロを務める松浦紀典氏が今季限りで契約満了となると発表した。

松浦氏は1970年生まれの45歳。ポルトガル語で「用具係」を意味するホペイロの、日本における第一人者として知られる。1993年からヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)のトップチームでプロホペイロを務め、2002年まで同クラブに所属した。そして2003年からは名古屋でプロホペイロを務め、今季で在籍14年目を迎えていた。

契約満了にあたり、松浦氏は「14年間本当にお世話になりました。クラブを離れることは寂しくありますが、これからも名古屋グランパスを応援します。本当にありがとうございました」とコメントしている。

クラブ史上初のJ2降格が決まり、ボスコ・ジュロヴスキー監督との契約満了や10選手の退団を発表している名古屋。サンフレッチェ広島からFW佐藤寿人を獲得し、30日にはブラジル人選手3名、DFシャルレスとMFワシントン、MFフェリペ・ガルシアの完全移籍加入を発表している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鳥栖退団の金民友、移籍先は水原三星に決定
交代出場から同点弾のFW赤崎「鹿島の強さを世界に発信したい」
柿谷がグラドル丸高愛実と結婚「支える姿に引かれ」
オークランド指揮官、鹿島に逆転負けも「非常に良かったし、誇りに思っている」
J1王者鹿島が準々決勝へ、金崎決勝ヘッド! オセアニア王者オークランドを撃破/クラブW杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加