田尾氏、ソフトバンクは「自分で決められる選手が圧倒的に多い」

田尾氏、ソフトバンクは「自分で決められる選手が圧倒的に多い」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/09/17
No image

第30号の逆転2ランを放った柳田悠岐(C)KYODO NEWS IMAGES

「役者がこういうゲームで打つんですよね」

16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志氏は、中継中に優勝マジック1で迎えたソフトバンクが柳田悠岐の2ランで逆転したという情報が届くと、思わずこのように話した。

柳田は続く5回の打席でもタイムリーを放ち、この日は2安打3打点の活躍。さらに5番のデスパイネも7回の打席で本塁打を放つなど、2安打3打点と、4番・5番の2人で7点中の6点を2人で叩き出した。

田尾氏が「ソフトバンクを見ると、役者になれる人が多い。自分で決められる選手が他球団より圧倒的に多い」と話す。

確かに柳田悠岐、デスパイネだけでなく、松田宣浩、上林誠知、今宮健太、故障離脱中の内川聖一など一発を打てる選手が多い。パ・リーグで2ケタ本塁打を記録する選手は、西武と並びリーグ最多の6人いる。

【ソフトバンクの2ケタ本塁打記録選手】
デスパイネ 33本
柳田 悠岐 30本
松田 宣浩 23本
今宮 健太 13本
内川 聖一 12本
上林 誠知 12本

特に下位打線でも、一発を打てる選手がいるのもソフトバンクの特徴だ。松田は他球団でクリーンナップを打ってもおかしくないだけの実力はあるが、下位の6番や7番を務め23本塁打を記録。

7番や8番を打つことが多い今季レギュラーに定着した上林誠知は、5月3日の西武戦で2点を追う3回に逆転満塁本塁打を放った。

どこからでも一発が打てる選手がいるのも、ソフトバンクの強みといえるだろう。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロ野球史上初の快挙 楽天に助っ人「シーズン20発トリオ」誕生
ヤク、ドラ1寺島が神宮デビューへ 球団ワースト阻止より「来年を」
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
広島、ビールかけTシャツに長蛇の列 1万枚以上売れる
すごくハミ出てます...... “カープ女子” 菜乃花、リーグ優勝をギリギリビキニで祝福!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加