二松学舎大付、圧勝発進!市原監督「初戦としては百点満点」

二松学舎大付、圧勝発進!市原監督「初戦としては百点満点」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇第99回全国高校野球選手権大会第6日 二松学舎大付14―2明桜(2017年8月13日 甲子園)

No image

<明桜・二松学舎大付>笑顔でナインに言葉をかける二松学舎大付・市原監督(左から2人目)

二松学舎大付(東東京)が投打で圧倒して明桜(秋田)を破り、初戦を突破した。

2回に先制、4回からは毎回得点を重ね、計19安打14得点。市原勝人監督は「まぐれのところもあると思うんですけど」と謙そんしながらも「初戦は固くなってうまくいかないところを、よく普通通りやってくれた」と笑顔。「まだまだ反省すべき点はあるが、初戦としては百点満点だと思います」と胸を張った。

この日は午前6時30分に今大会初めての「満員通知」。4万7000人の大観衆の前でも「自分達らしいことやればいいんだと。スタンドは距離があるので歓声もあまり気にせずに、グラウンドだけを見るように」と普段通りを貫いた。

先発左腕の市川は8回6安打1失点。打たせて取る投球がさえ、「立ち上がり良く安定して投げてくれた。野手も安心して攻撃に移れた。市川の投球に尽きる」と称えた。

市川は「序盤は緊張していてキレがなかった。ただ途中から緊張がなくなって楽しく投げられました」と安ど。打っては4打数4安打3打点と攻守で奮闘し「バッティングには自信を持っているのでその結果です」と顔をほころばせた。

次戦は17日に行われる3回戦で三本松(香川)と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人・宇佐見、1号がサヨナラ本塁打!球団5人目の快挙「最高です!!」
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
清水の美女チアリーダー『オレンジウェーブ』を一挙に紹介!
盛岡大付3番植田2打席連発、両軍5発の乱打戦制す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加