日本エイサー、DisplayHDR 600対応の31.5型4K液晶ディスプレイ

日本エイサー、DisplayHDR 600対応の31.5型4K液晶ディスプレイ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/04/24
No image

日本エイサーは4月24日、31.5型4K液晶ディスプレイ「ET322QKCbmiipzx」を発表した。4月25日より発売する。店頭予想価格は63,000円前後(税別)。

ピーク輝度が600cd/平方メートルのDisplayHDR 600に対応。明るさの幅が広いため、より自然な色を表現できるようになっている。色域はBT.709カバー率99%で、HDR10もサポート。明るいシーンは自動でより明るくし、暗部の黒は濃いままに調整を行う。RGBとCMYの彩度と色相をそれぞれ調節できる「6軸カラー調節機能」を搭載している。

ディスプレイは解像度3,840×2,160ドットの非光沢(ノングレア)で、VA液晶パネルを採用。2画面表示機能として、ピクチャーインピクチャーとピクチャーバイピクチャーに対応する。ほか、4段階でブルーライトを調節する機能と、フリッカーレス・テクノロジーを搭載。

そのほか主な仕様は、視野角が水平垂直とも178度、輝度が400cd/平方メートル(ピーク時600cd/平方メートル)、コントラスト比が3,000:1(最大100,000,000:1)、応答速度が4ms(GTG)。USB 3.0×4基のハブポートを備える。

映像入力インタフェースはHDMI 2.0×2、DisplayPort 1.2×1。2W+2Wのスピーカーを内蔵し、スタンドのチルト角度は上11.5度~下3.5度。VESAマウントは100mmに対応。本体サイズはW729.7×D237.5×H529.4mm、重さは7kg(スタンドあり)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Samsung「970 EVO Plus」に追加された2TBモデルを試す
めちゃ渋い!まるで長年使い込んでいるようなエイジド加工を施したG-SHOCKのスペシャルモデル「GMW-B5000V」
NTT西、店舗向け決済サービスで複数QRコード決済の同時対応が可能に
ラブホ盗撮事件が多発...防止グッズはもはや必須化するのか?
チャージ、送金、dポイントの送付にも対応!キャッシュレスプラットフォーム化する「d払い」の狙い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加