葛西紀明、ロシアへの制裁「当然」ドーピングへ胸中

葛西紀明、ロシアへの制裁「当然」ドーピングへ胸中

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

出国前に取材に応じる葛西紀明(撮影・上田悠太)

国際オリンピック委員会(IOC)がロシア選手団の平昌冬季五輪への派遣を禁じた決定を、ノルディックスキー・ジャンブ男子の葛西紀明(45=土屋ホーム)は「当然という感じに僕は思う」と受け止めた。

6日、成田空港でW杯参戦のため欧州へ出国前に取材に応じた。言葉を選びながら、ドーピングに頼らず、努力を重ねる選手の立場としての胸中を語った。「真面目にやっている日本人からすれば、そういったこと(ドーピング)はどうなのかなと思う」。IOCは厳しい処置を下したが「しょうがないのかなと思う。一生懸命やっている方は悔しい」と話した。

W杯開幕戦を制した小林潤志郎(26=雪印メグミルク)は「びっくりしました。ジャンプの選手も強い選手がいる」。過去にドーピングの違反歴がないことなどの参加条件を満たせば、個人では出場できる。「せっかくなので、今出ている選手みんなと戦いたい」と思いを口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Instagram、日本で最も人気だったハッシュタグは?<2017年ハイライト>
満足感の浦和MF柏木「(相手は)初戦より強かった。勝てて良かった」。攻撃に手応え「ミシャの時に近い感じに」
本田圭佑が絶大な存在感! 地元紙も称賛「リズム変化した。最高のアプローチ」
W杯・日本戦への影響は? 差別的行動のコロンビア代表MFにFIFAが5試合出場停止の厳罰!
本田が主役! CWC準決勝南米王者グレミオ戦でパチューカが互角展開で、死闘は延長戦に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加