巨人・菅野が7回4安打1失点で降板 打線援護なく13勝目はお預け

巨人・菅野が7回4安打1失点で降板 打線援護なく13勝目はお預け

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

力投する巨人・菅野=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「広島-巨人」(12日、マツダスタジアム)

巨人・菅野智之投手が先発し、7回4安打1失点で降板した。

二回先頭の西川に、内角高め直球を右翼席に運ばれる先制ソロを献上。それでも三回以降は二塁すら踏ませず、安定した投球を展開した。

八回の打席で代打を送られ降板。だが、打線の援護がなく自身最多タイの13勝目はお預けとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
藤井四段、最大派閥への連勝「7」に フィーバー再燃の予感
東海大菅生の夏終わる...9回同点も延長11回力尽く
日本ハムV完全消滅 昨年の王者...35戦も残し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加