「ミス東大」出場者、運営の“セクハラと金儲け主義”告発! 大学ミスコン知られざる“ドロドロ”の裏側

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2020/10/16

「ミス東大コンテスト2020」の出場者女性Aさんが、自身のインスタグラムとTwitterで、運営団体である東大広告研究会への不信感を打ち明け、ネット上で騒ぎになっている。

Aさんは広告研究会がお金儲けに走ったため、投票制度の公平性が崩壊してしまったとして現状を告発。また、内部で行われたミスコンのファイナリストお披露目会にて「生々しい性的な質問を複数されるなど、不快なセクハラがありました」と明かした。さらに運営の対応が遅く、「仕事が流れそうになっていることを指摘すると、『広研のおかげで有名になっているので、多少のことは我慢しろ』という旨のお返事が帰ってきました」と苦言を呈したのだ。

この一連の告発によって、SNS上では広研への抗議の声が噴出。そんな中、別の出場者女性Bさんが、Aさんのセクハラ告発ツイートを引用リツイートし、「うーん、質問は答えたくなければ答えなくていいって言われた…普通の大学生のノリって感じだった…! うちは楽しかったけどなぁお披露目」と持論を述べほか、また運営の対応に関しても「深夜にラインしてもすぐ返ってくる気がした」と、Aさんの主張を暗に否定するツイートを投稿すると(現在はいずれも削除済み)、SNS上ではBさんに批判が集中し、結果Bさんが謝罪することに。さらには、Aさんをバッシングする運営メンバーとみられる人物の裏垢まで流出し、「ミス東大コンテスト」は、大炎上の様相を呈している。

大学ミスコンといえば、一見、華やかなイベントだが、出場者同士の足の引っ張りあいがウワサされたり、運営側のセクハラが告発されるなど、「ドロドロしていそう」というネガティブな印象も持たれがちだ。「ミス東大コンテスト」の騒動により、そのイメージがさらに悪化したといえるだろう。

サイゾーウーマンでは、過去にそんな大学ミスコンの裏側に迫る記事を掲載していた。元出場者の女性が語る、「結果的にイヤな記憶ばかりが残った」というミスコンの思い出は、果たしてどんなものなのか……。健全な「ミス東大コンテスト」を目指すAさんの勇気ある告発が話題を集める今、あらためて同記事を掲載する。
(編集部)

(初出:2018年1月27日)

整形依存、ネットに悪口、ブス写真投稿……「大学ミスコン」出場者が暴露する女の争い

大学ミスコンテストの日本一を決める大会「Miss of Miss Campus Queen Contest 2018」の決勝が3月30日に開催されます。首都圏を中心に各大学でグランプリ、準グランプリを獲得したミスコン美女が集い、その頂点を決めるという催しで、過去のコンテスト参加者からはアナウンサーやキャスター、タレントが続々と誕生しています。しかし、その陰ではコンテスト出場による過剰なストレスで壊れていく女子もたくさんいるというのです。

女性の友達はできなくなった

ミスコン女性たちは、華やかなルックスやキラキラした経歴を手に、コンテストという“競争”の場に参加します。しかし、外から見ていると、彼女たちの間にギスギスした雰囲気はみじんも感じられず、SNS上では「ミスコン終わっても絶対遊ぼう!」「誰がグランプリでもうれしい!」などと、候補者同士の友情を感じさせる投稿も。恵まれた容姿を持つ美女たちが和気あいあいと美を競い合う……しかし、その裏には当然のように女同士の醜い争いが起こっていると、元出場者は語ります。

「私は大学のミスコンに出たのですが、期間中は、候補者同士で集まってカフェに行ったり、写真を撮ったり、それをSNSに投稿してコメントし合ったり、すごく楽しかったんです。『コンテストが終わっても、こうやって集まろうね』って言い合ってたし、ほんとに仲良くなったと思ってました。でも、いざミスコンが終わったらパッタリ。LINEのグループトークに誰も発言しなくなったし、遊ぶ計画も、1人、また1人と参加しなくなって、大学の学食で会っても挨拶するくらい。結局、ミスコンのときだけの関係だったんだなって思いましたね」

そう語るのは5年前、大学2年生時にミスコンに出場したユリコさん(仮名/25歳)。友人のススメで“思い出作り”に、と参加したミスコンですが、結果的にイヤな記憶ばかりが残ったそうです。

「匿名掲示板に自分の写真を晒されて、『ブス』とか『お笑い芸人に似てる』とかいろいろ書かれるので、まずネットが開けなくなりました。就職しても『ミスコンに出てたんだよね』って言われるし、あれ以来、女性の友達はできなくなりましたね」

ユリコさんが経験したように、ミスコン出場者に対する容姿への誹謗中傷は容赦がありません。そして、ミスコンに出場した以上、写真も自分のプロフィールも半永久的にネットに残ってしまい、いつまでも匿名掲示板でターゲットにされ、悪口を書かれ続けてしまうのです。

別の大学のミスコン出場経験者のアキエさん(仮名/26歳)は、候補者同士の泥沼バトルを体験しています。

「表面上は仲良しアピールするんですよ。くっついて写真撮って『この5人でよかった!』とか言いながら。でも、実際は写真を撮る段階から、いかに自分が一番かわいく写るかの勝負が始まってるので、一瞬も気が抜けないんですよ。より小顔に、デブに見えないように写りたいから、みんなどんどん後ろに下がっていったり(笑)。それで、自分の写りが悪い写真に限って、ほかの子が投稿したりするから、最終的には誰のカメラで撮るのかの争いになっていくんです」

アキエさんは自分の写りが悪い写真をほかの候補者に投稿されると、報復として相手がブスに見える写真を投稿していたと笑います。

「いま思うと嫌な奴ですよね(笑)。相手は故意じゃなかったかもしれないのに。でも当時は、わざと私の写りが悪いやつ選んで載せてるんだって疑わなかった。自分だけ小顔とか美肌加工してるんじゃないかとか、画像を拡大してチェックしてましたね」

写真だけでなく、「○○はビッチ」「ヤリサー所属」など根も葉もないことをネットに書いたのは、同じミスコン仲間なのではないかと疑心暗鬼になったこともあるそう。

「確かめようがないけど、候補者のひとりに信頼して彼氏のことを話したら、しばらくしてそれをネットに書かれたので、怪しいなと思って……。ほかにも、サークルの男とヤリまくってるとか、学生時代イジメしていたとか、あることないことをたくさん書かれて、人のねたみって怖いなと思いました」

さらに、ミスコンに出場したことで、人生が変わってしまった女性も。OLのサキさん(仮名/26歳)の友人は、ミスコンによって「大きな変化」が起こってしまいました。

「私の友人は学内でも有名な美女だったんですけど、ミスコンに出場して何も賞が取れなかったことがよっぽどショックだったのか、そこから整形依存症みたいになっちゃったんです。会うたびに目頭切開をしてたり、鼻筋が別人みたいに高くなってたり、どこかしら改造してるんです。それがまたウワサになったりして、性格もすさんで、付き合う友達も変わってしまいましたね」

ミスコンに応募するぐらいですから、自己顕示欲が強く、自分に自信があるのは当然のこと。しかし、そこで優勝できなかった場合、それまで培ってきたプライドが一気に崩れ、精神的に病んでしまうのでしょう。

匿名での誹謗中傷、女性同士の嫉妬や足の引っ張り合いと、実はドロドロした内情の大学ミスコン。それでも彼女たちがミスコンに出場したいと願うのは、なぜなのでしょうか?

「ミスコン=勝ち組、だから。ミスコンに出る子は、女子アナ志望にモデル志望、タレント志望とかばっか。みんなミスコンをきっかけに有名になりたいし、ミスコンに出ることで、大学生活も、その後の人生も、勝ち組だなーって周囲に思われたい」(アキエさん)

逆にいえば、ミスコン出身でアナウンサーやタレントになった女性は、こうした修羅場を乗り越えてきた猛者ばかりということ。そのしたたかな女っぷりが強烈なのは、当然のことなのかもしれません。
(ジョージ山田/清談社)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加