天野ら中断中に補強 4冠狙う/浦和-横浜予想布陣

天野ら中断中に補強 4冠狙う/浦和-横浜予想布陣

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/07/01
No image

浦和-横浜の予想スタメン※布陣イラストの【 】内は2月の開幕時のスタメン選手。システム変更でポジションが異なる場合あり

<4日19時 浦和-横浜(埼玉)>

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、2月下旬から中断していたJリーグ。6月27日のJ2再開&J3開幕に続き、4日にはいよいよJ1もリモートマッチ(無観客試合)で再開します。2月21、22、23日の開幕節1試合のみ戦い、その後止まっていた約4カ月間で、チームはどう変化しているのか-。システムは? スタメンは? 戦力は? 再開まで3日となった1日、全9試合の予想スタメンを一挙掲載。開幕戦との顔ぶれを比較をしながら、待望の一戦への妄想!? を膨らませましょう!

<横浜F・マリノス>

中断期間中にDF実藤、小池、MF天野と即戦力を3人補強し、最大4冠を狙う過密日程に備えた。指揮官は自身の細かい戦術を体現できる選手を重宝し、あまり動かさない。ベースは開幕時の先発となるだろう。入れ替えはほぼ負傷者の部分で、右手骨折で離脱中のGK朴の代役は梶川、DF伊藤と代わり故障明けの畠中、練習復帰間もないDFチアゴ・マルチンスには無理をさせず実藤か。前線は混戦だが、開幕時は状態不良だったFWエリキとエジガル・ジュニオが先発復帰とみる。王者の層は厚く、今年も隙がない。

<浦和レッズ>

自身区切りの通算ゴールへ、FW興梠が貪欲に狙う姿勢を示した。横浜との再開初戦に控え、2部練習で調整したエースは浦和移籍後、通算100得点にあと1点、鹿島アントラーズ時代を含め、史上6人目のJ1通算150得点にあと2点と迫る。「もちろん出るからには得点を狙っていきたい。チームが勝つことが大前提で、それでゴールできたら」とキッパリ。8年連続継続中の年間2ケタ得点も「過密日程で全試合に出ることはできないと思う。試合数も減ると思う中で2ケタを取るのが真のエース」と気合を入れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加