埼玉準V花咲徳栄・浜岡陸主将悔し「勝ちきらないと」 打撃フォーム見直す

埼玉準V花咲徳栄・浜岡陸主将悔し「勝ちきらないと」 打撃フォーム見直す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

浦和学院対花咲徳栄 花咲徳栄8回表2死二塁、右前適時打を放つ浜岡(撮影・古川真弥)

<高校野球春季埼玉大会:浦和学院4-3花咲徳栄>◇4日◇決勝◇大宮公園野球場

準優勝に終わった花咲徳栄・浜岡陸主将(3年)は「勝ちきらないといけませんでした」と悔しさをかみ殺した。

3番遊撃で出場し、2安打1打点。8回2死二塁では、1点差に詰め寄る右前適時打を放った。ただ、6回の左前打は打ち取られた当たりが外野の前にぽとりと落ちたもの。8回の適時打も、追い込まれてから、高めの見逃せばボールかという球を強引に振った結果だった。それだけに「2本とも、たまたまです。ちゃんとしたヒットじゃない」と満足しなかった。

プロも注目する存在だが、今大会は不振が続いた。「実力不足です。打撃フォームが固まっていない。力を発揮できるフォームじゃない。基礎的なことから、やりたい」と打撃を見直す考えを示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加