那覇市で壁が焼損 ガスボンベが火元か うるま市で住宅が全焼

那覇市で壁が焼損 ガスボンベが火元か うるま市で住宅が全焼

  • QABニュース
  • 更新日:2022/09/23

9月22日夕方から9月23日未明にかけて火災が相次ぎました。那覇市ではガスボンベに火が付いたことで建物の一部が焼け焦げました。うるま市では木造住宅1棟が全焼です。

金城有芽乃記者「住宅街の路地裏です。まる焦げのガスボンベが爆発したのでしょうか?建物屋上部分まで焼け焦げています」

警察と消防によりますと9月23日午前4時ごろ、那覇市若狭でガスボンベが燃えたと思われる火災が発生しました。火災によって10階建てマンションの壁などが燃えました。

火災の目撃者「ガスが漏れる音っていうんですかね、なんかシューって音がしてそれから何だろうって外見たら火柱が経ってるんですよ。もう…恐ろしかったですね」

通報を受けて現場に駆け付けた消防によって火は発生から約1時間後に消し止められました。この火災でけが人はいません。

また、9月22日にもうるま市で火災がありました。

濱元晋一郎記者「屋根や壁は焼け落ち、かろうじて柱だけが残っています」

警察や消防によりますと9月22日午後6時すぎ、うるま市与那城にある住宅で「激しく炎が出ている」と火災に気づいた近くに住む人から通報がありました。

駆け付けた消防によって火は通報から3時間後に消し止められました。火元とみられる木造平屋の住宅が全焼だったほか、同じ敷地内にある2階建て木造住宅にも燃え移り一部が焼けました。

2つの建物に人は住んでいなかったためけが人はいませんでした。

火災の目撃者「ボンと音がして、火が天に上がって…びっくりして。(火災は)もう怖い…今もどきどきしている」

警察と消防が出火原因を調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加