「盆踊り」意味を過半数知らず、お盆の言葉「どれも意味知らない」も3割超...若者意識調査

「盆踊り」意味を過半数知らず、お盆の言葉「どれも意味知らない」も3割超...若者意識調査

  • オトナンサー
  • 更新日:2022/08/06
No image

「精霊馬」の認知度は?

マーケティング事業を手掛ける「トレンダーズ」(東京都渋谷区)が運営するメディア「となりのいろは」が実施した「若者の“お盆”に関する意識・実態調査」では、「お盆に関する単語の中で知っているもの」も複数回答で聞きました。最も認知度が高かったのは「盆踊り」でしたが、意味を知っている人は48.9%にとどまり、過半数(51.1%)は、盆踊りが持つ意味を知らないことが分かりました。

【いまさら聞けない】「精霊馬」「盆ちょうちん」…どのくらいの若者が意味知っている?

「精霊馬」「盆ちょうちん」は1割台

調査は7月26日、15~29歳の男女を対象にインターネットで行い、536人から有効回答を得ました。

盆踊りのほか、2位以降には「迎え盆・送り盆」(29.7%)、「迎え火・送り火」(28.5%)が続き、「精霊馬」「盆ちょうちん」は1割台にとどまりました。また「知っているものはない」と回答した人が34.9%と、およそ3人に1人に上り、お盆に関する単語にあまりなじみのない人も一定数いることが分かりました。

オトナンサー編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加