Apinkチョン・ウンジ、2022年上半期だけで8ブランドの広告モデルに抜擢...広告業界でも大活躍

Apinkチョン・ウンジ、2022年上半期だけで8ブランドの広告モデルに抜擢...広告業界でも大活躍

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2022/06/23

Apinkのチョン・ウンジが歌謡界を飛び越え、広告業界にも進出した。

【写真】チョン・ウンジ、“チューブトップ”で魅せる美スタイル

チョン・ウンジは2022年上半期、ビビン麺の広告から国民的人気のアイスクリーム、衣類、ホームウェア、健康食品、スマートヘルスケア、即席食品、公益広告など、計8件のブランドの広告モデルに選ばれた。

上半期だけですでに数件の広告契約を成功させたチョン・ウンジは現在、他のブランドからもラブコールが殺到するほど“広告クイーン”として高い評価を得ているという。

No image

(写真=ISTエンターテインメント)

長年積み上げたチョン・ウンジ特有の健康で前向きなイメージが、各ブランドのターゲット層に高い好感を得ているというのが広告主の評価だ。

株価上昇の背景には、歌謡界とドラマを行き来するチョン・ウンジの大活躍がある。昨年チョン・ウンジが出演したドラマ『酒飲みの都心の女たち』(原題)は、3人の女の友情と日常を愉快に描き出した作品で、チョン・ウンジは“ガールクラッシュ”なカン・ジグ役を演じ好評を得た。

作品もテレビ歴代週間有料加入者数1位、韓国OTTシリーズ物初のカンヌ国際シリーズフェスティバル招待など国内外で大きな人気を集め、成果を収めた。

また、今年初めの2月には自身の本業であるApinkでカムバック。デビュー10周年スペシャルアルバム『HORN(魂)』とリード曲『Dilemma』を発表し、自身の初動記録を突破、音楽放送1位を達成するなど、強力なガールズグループパワーを誇示したりもした。

二兎を確実につかんだチョン・ウンジは熱い人気に支えられ、下半期に放映予定の新ドラマ『ブラインド』(原題)を皮切りに、シーズン2が確定した『酒飲みの都心の女たち』まで活躍を見せる。

K-POP界のレジェンドであり、ドラマの主役もこなし、2022年は広告まで完璧に分野を広げたチョン・ウンジが、引き続きどんな活躍ぶりで大衆を驚かせるのか期待だ。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加