市原隼人『おいしい給食』完結編に「現場で燃え尽きたら本望」

市原隼人『おいしい給食』完結編に「現場で燃え尽きたら本望」

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2022/05/14
No image

市原隼人

俳優の市原隼人が14日、新宿シネマカリテで行われた『劇場版 おいしい給食 卒業』公開記念舞台あいさつに出席。ドラマ2シーズン、劇場版2作目というロングシリーズの完結編と位置づけられる作品に「現場で燃え尽きたら本望」と強い気持ちで臨んでいたことを明かした。舞台あいさつには土村芳佐藤大志綾部真弥監督も登壇した。

本作は、1980年代の中学校を舞台に、心から給食を愛している教師・甘利田幸男(市原)と、給食をおいしく食べることにおいて甘利田のライバルとなる生徒・神野ゴウ(佐藤)との飽くなき勝負を描いたドラマ「おいしい給食」シリーズの劇場版第2弾。給食メニューの改革が決定され不穏な雰囲気が流れるなか、愛してやまない給食を守るために甘利田が立ち上がる。

5月2日に行われた完成披露上映会では、涙を見せた市原。その時の気持ちについて「コロナ禍を経て、いままで感じていたことを改めて考えたんです」と切り出すと「僕らがいるドラマや映画、舞台の世界は衣食住と違ってなくても成立します。だからこそ、観てくださる方に必要とされるために、必死に作品の持つ意義を僕ら作り手は考え、現場に立っています。その意味で、久々にお客さんの前に立てたことが嬉しくて、涙がこらえ切れなくなってしまったんです」と照れ笑いを浮かべる。

No image

綾部真弥監督、佐藤大志、市原隼人、土村芳

熱い思いで現場に臨んだ市原。「僕もこれまで精神的に深く向き合うものから、海外で何億も保険をかけて行ったアクションなど、いろいろな作品に携わってきましたが、一番過酷でハードな現場でした」と本作を振り返ると「甘利田の欲求をストレートに自分に投影し、現場で燃え尽きることができたら本望だなという気持ちで臨んだ作品です」と語った。

この日舞台あいさつが行われた新宿シネマカリテは、客席の後ろまで顔が見渡せる劇場。市原は「このキャパシティで舞台あいさつを行うのは初めてです」と客席を見渡すと「とても嬉しいです」と満面の笑みを浮かべる。続けて「本当だったらマイクを外して、みなさんと話したい。劇場まで足を運んでくださって本当にありがとうございます」と“観てくれる人のために”という市原の作品作りへの思いを伝える。

さらに客席に向かって「悲しくてうまくいかないときは誰にでも必ずあると思う。そんなとき、『おいしい給食』という作品が、みなさんに寄り添って、転んだとき立ち上がるまで見守るような作品になれば嬉しいです」と作品に込めた思いを吐露していた。(磯部正和)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加