伊藤・村上組は12位 飛び込みW杯 男子シンクロ高飛び込み

伊藤・村上組は12位 飛び込みW杯 男子シンクロ高飛び込み

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

男子シンクロ高飛び込み決勝3本目 村上和基(左)、伊藤洸輝組の演技(撮影・堀内翔)

「飛び込み・W杯」(1日、東京アクアティクスセンター)

東京五輪最終予選を兼ねて行われ、男子シンクロ高飛び込み決勝は伊藤洸輝(JSS宝塚)、村上和基(東京SC)組が344・37点の12位となった。予選の339・00点は上回ったが、順位は1つ落とした。

序盤の2本を終え3位につけるも、5本目の207C(後宙返り3回半抱え型)で村上の入水が乱れ、44・55点と得点を稼げなかった。「前半よく体も動いていい演技があったけど、5本目で大きいミスを僕がしてしまったので悔しい」と村上。伊藤は「(今後は)入水とか細かなミスを修正したい」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加