ソフトバンク甲斐「点数何点あってもいい」中押し弾

ソフトバンク甲斐「点数何点あってもいい」中押し弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

ソフトバンク対楽天 2回裏ソフトバンク無死、甲斐は左越え本塁打を放つ(撮影・岩下翔太)

<ソフトバンク7-3楽天>◇16日◇ペイペイドーム

ソフトバンク甲斐拓也捕手が貴重な中押し弾を放った。

初回に4点をリードした直後の2回裏。先頭で楽天酒居のカウント1-1からの3球目をとらえた。打球は左翼スタンドに飛び込む9号ソロとなった。「打ったのはスライダーです。しっかり芯で打つことができました。点数は何点あってもいいと思っているので、追加点になりよかったです」。1日の楽天戦(楽天生命パーク)以来、半月ぶりの1発に言葉も弾んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加