ヤマハ発動機がクリームハンダ印刷機の新製品「YRP10」を新発売

ヤマハ発動機がクリームハンダ印刷機の新製品「YRP10」を新発売

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2023/05/26

■業界トップレベルの高品質の印刷精度を実現し、デュアルレーン仕様は多種多様な生産にも対応

ヤマハ発動機は、クリームハンダ印刷機の新製品「YRP10」を2023年8月1日に発売します。

クリームハンダ印刷機は、微細なハンダ粒子と粘性流体フラックス&バインダを練ったクリーム状のハンダ製品をヘラのような道具でプリント基板の上に塗布する装置だそうです。リフロー硬化炉で加熱することで、ハンダが溶けて表面実装方式の電子部品がプリント基板に接合されます。

新製品の「YRP10」は、高速、高精度なハンダ印刷と段取り替えの全自動化を実現。加えて、デュアルレーン生産にも対応したプレミアム印刷機という位置づけになります。剛性に優れた新世代である「YRシリーズ」プラットフォームが採用されています。

No image

ヤマハ発動機のクリームハンダ印刷機の新製品「YRP10」

新スキージ採用の3Sヘッド(Swing Single Squeegee。1枚のスキージでアタック角度、速度、印加印刷力が制御されるヤマハ発動機オリジナルの印刷ヘッド)やマスク吸着機能、印刷条件最適化などにより、業界トップレベルの高品質の印刷精度を実現したとしています。

また、プッシュアップピンやマスクの自動交換など、段取り替えの自動化により、品種切り替え時の作業工数と人的ミスを大幅に削減することができます。さらに、レーンごとに完全独立運用が可能なデュアルレーン仕様も選択可能で、多種多様な生産形態にフレキシブルに対応。

ヤマハ発動機は、プリント基板の表面実装を行う表面実装機をはじめ、今回発表された印刷機、ディスペンサー、検査装置など、実装設備のフルラインナップメーカーという顔も持っています。

フルライン戦略を活かした理想のコンセプト「1 STOP SMART SOLUTION」を実現するのも強みです。ブラックボックスのないスムーズで高度な装置間連携により、実装工程の高効率化を総合的に実現するシステム「インテリジェントファクトリー」を推進。

なお、新製品のクリームハンダ印刷機「YRP10」は、2023年5月31日から6月2日まで、東京ビッグサイトにて行われる電子部品実装技術の総合展示会「JISSO PROTEC 2023(第24回実装プロセステクノロジー展)」に展示されます。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

JISSO PROTEC 2023
https://www.jissoprotec.jp/

あわせて読みたい

15歳の山根昇馬が、MotoGPの英雄ロッシとヤマハの若手ライダー育成プログラムに参加。未来のトップライダーに期待!

ヤマハ発動機からオフロード向けスポーツ電動アシスト自転車「YPJ-MT Pro 30th ANNIVERSARY」が30台限定で登場

バイクの内燃機関は生き残れるか? 国内2輪4メーカーが水素エンジンの共同研究を開始

カワサキ、スズキ、ホンダ、ヤマハ発動機が二輪車や軽自動車、ドローンなどの小型モビリティ向けの水素エンジン基礎研究でタッグを組む

ヤマハ発動機が世田谷区三宿エリアでモビリティを活用した社会実験を2023年5⽉20⽇・21⽇に共催【三宿モバイルパークレット】

塚田勝弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加