「モバイルSuica・PASMO」中学・高校生の定期券に対応へ「スマホが中高生に普及したため」

「モバイルSuica・PASMO」中学・高校生の定期券に対応へ「スマホが中高生に普及したため」

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2023/01/25

自分のスマホで改札を通過可能

No image

モバイルSuicaとモバイルPASMOがどちらも中高生の定期券に対応。

JR東日本とPASMO協議会は2023年1月25日(水)、モバイル決済サービスの「モバイルSuica」「モバイルPASMO」でそれぞれ通学定期券(中学生および高校生用)を新たに発売すると発表しました。発売開始は3月18日(土)です。

これまで中学生と高校生はカード式定期券しか使えませんでしたが、新年度からは、自分のスマホ端末なども定期券として改札を通れるようになります。

購入には、「モバイルSuicaアプリ」「PASMOアプリ」で申し込む際に、指定の通学証明書や学生証の画像をアップロードする作業が必要となります。

数日後に予約完了し、それから購入手続きを行います。支払い方法は以下のとおり。

【モバイルSuica】クレジットカード決済。本人が持っていない場合は、保護者等のカードで代理決済可能。

【モバイルPASMO】クレジットカードを持っていない学生のため、「LINE Payプリペイドカード」「dカードプリペイド」「ソフトバンクカード」などのほか、デビットカードも使用可能。

今回の中学生・高校生向け通学定期のモバイル対応について、PASMO協議会は「昨今は、中学生・高校生にもモバイル端末が普及しており、またキャッシュレスやモバイル決済が拡大する環境において、中学生・高校生にもモバイルでPASMOを使っていただきたいという思いから」利用者拡大を図る取り組みだとしています。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加