ミリー・ボビー・ブラウンの新たな主演作! 『エノーラ・ホームズの事件簿』

ミリー・ボビー・ブラウンの新たな主演作! 『エノーラ・ホームズの事件簿』

  • SPUR
  • 更新日:2020/09/16
No image

Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』9月23日より全世界独占配信開始

『ストレンジャー・シングス』のミリー・ボビー・ブラウンが主演、時代物に挑戦する『エノーラ・ホームズの事件簿』。シャーロック・ホームズに妹がいた!――という設定のヤングアダルト小説が原作です。監督はドラマ『フリーバッグ』を演出したハリー・ブラッドビア。確かに、エノーラがカメラ目線で語りかけてくるところを含め、『フリーバッグ』に似ている。コメディ調ながら、「女性が一人生きていくこと」がテーマになっているところも同じです。

それまでずっと母と二人で暮らし、歴史・科学・武闘など英才教育を受けてきたエノーラ。二人の兄、マイクロフトとシャーロックは早くに家を出たきりなので、よく知りません。そんな時、母が突然いなくなる。マイクロフトはエノーラを「普通の女の子」にするため、寄宿制の花嫁学校に入れようとします。気質が似ているシャーロックさえ、それを止めてくれない。でもそんな生活は到底受け入れられないエノーラは、母を探しにロンドンに向かいます。

No image

ALEX BAILEY

母を追ううち、別の事件に巻き込まれるエノーラ。その謎解きは、やがて人生最大の謎――自分は何者なのか?――に繋がっていきます。というのも、同じくらい才能と行動力があっても、エノーラはシャーロックのような「変人」にも「天才」にもなれない。女性は規格外であることを許されないのです。19世紀イギリスのサフラジェット=女性参政権の動きを背景に、一人の少女の自立のストーリーが展開します。

印象的なのはミリー・ボビー・ブラウンの懸命な表情。心の中で起きていることをそこで映し出せるのは、やっぱり名優です。母役のヘレナ・ボナム・カーター、シャーロック役のヘンリー・カヴィルにも負けない存在感。ドレス姿も素敵なのですが、男装した時が抜群に可愛く、ミリーの相手役、ルイス・パートリッジは可憐でアンドロジナス(しかも花好き)。ここも確信的に、男女の役割を曖昧にするキャスティングになっています。

『エノーラ・ホームズの事件簿』
監督/ハリー・ブラッドビア
出演/ミリー・ボビー・ブラウン、ヘンリー・カヴィル、サム・クラフリン、ヘレナ・ボナム・カーター
9月23日、Netflixにて独占配信開始

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加