古橋の今季初ゴールなどでセルティックが連勝スタート!前田は前半のみで交代、負傷報道の旗手と井手口はベンチ外

古橋の今季初ゴールなどでセルティックが連勝スタート!前田は前半のみで交代、負傷報道の旗手と井手口はベンチ外

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/08/07
No image

開幕から2戦目で今季初ゴールを挙げた古橋。(C)Getty Images

8月6日にスコットランド・リーグの第2節が行なわれ、日本人4選手が所属するセルティックは、ロス・カウンティと敵地で対戦。古橋亨梧はCF、前田大然は左ウイングで先発した一方、負傷が報じられた旗手怜央と井手口陽介はベンチ外となった。

開幕戦ではアバディーンを2ー0で下したセルティックは11分、ペナルティエリア手前でボールを持った古橋が思い切りよく左足を振り抜くも、大きくクロスバーの上を越える。さらに26分には、ジョッタのクロスから前田がヘディングシュート。しかし、枠を捉えきれない。

古橋と前田はそれぞれ37分と前半アディショナルタイムにも、エリア左からシュートを放つが、いずれもGKレイドローに阻まれる。
スコアレスで折り返したアウェーチームは、後半の頭から前田に代えてアバダを投入。すると、直後の48分だった。ジョッタの折り返しから古橋が押し込み、ついに先制に成功する。昨シーズンは怪我もありながら、公式戦20ゴールを挙げた27歳の日本代表FWは、待望の今シーズン初ゴールとなった。

ただ、リードも束の間、58分にイアコビッティにゴールを許し、同点に追いつかれる。

セルティックはその後、昨シーズンのリーグ得点王ギアクマキスも送り込み、攻勢をかけると、迎えた84分にイェンツが値千金の勝ち越し点を奪取。90+1分にもアバダのダメ押し点が生まれ、3―1で勝利を収めた。リーグ連覇に向けて、幸先よく連勝スタートを切っている。

なお、古橋は勝ち越した直後の85分にムーイと代わり、ベンチに下がっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ジョッタのお膳立てから右足で冷静にフィニッシュ!古橋の今季初ゴールをチェック

【PHOTO】2022年夏の移籍市場で新天地を求めた名手たちを一挙紹介!

【PHOTO】2022年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加