西武6位ブランドン大河、対外試合1号2ラン

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23

<練習試合:ソフトバンク-西武>◇23日◇アイビースタジアム

西武ドラフト6位のタイシンガー・ブランドン大河内野手(22=東農大北海道オホーツク)が、チームの対外試合1号本塁打を放った。

同点の2回無死一塁、ソフトバンク先発杉山の146キロを捉え、左翼芝生席に運んだ。「打ったのはストレートです。ちょっと詰まりましたね。真芯ではなかったと思います。ただ、あの場面は真っすぐにタイミングを合わせて打席に立ちました。良いバッティングができたと思います」と興奮気味に話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加