移籍のホジネイ、ファンの寄付で出場も一発退場

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22

ブラジル1部インテルナシオナルのファンが支払った100万レアル(約1960万円)は半分無駄になった!?

インテルナシオナルは21日にフラメンゴと対戦。1-2で敗れた。この試合で注目されたのがインテルナシオナルの右サイドバック、ホジネイ(29)。

もともとフラメンゴ所属で、20年1月から期限付きでインテルナシオナルでプレーしている。ESPN電子版によると、クラブ間の取り決めで、ホジネイはフラメンゴ戦ではプレーできない。ただし、インテルナシオナル側がフラメンゴ側に100万レアルを支払えば、ホジネイは試合に出場できるのだという。

ここで現れたのが、ブラジル中西部で農業を営んでいるという熱狂的インテルナシオナルファンの人物。ホジネイを出場させようと、クラブに100万レアルを寄付したのだという。

ホジネイは無事フラメンゴ戦のスタメンに名を連ねた。だが後半4分に相手選手の足首を踏み付け、レッドカードで一発退場となってしまった。試合も1-2で敗れ、それまで首位だったインテルナシオナルは、フラメンゴと入れ替わりで首位と勝ち点2差の2位に転落してしまった。

インテルナシオナルはフラメンゴ戦に勝てば、1979年以来のブラジル1部優勝が決まっていた。これで残りは1試合。1979年以来の優勝をかけ、25日の今季最終戦コリンチャンス戦に臨む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加