毛がぼうぼうで変わり果てた姿に。2年前に行方不明になった愛犬と家族が再会を果たす

毛がぼうぼうで変わり果てた姿に。2年前に行方不明になった愛犬と家族が再会を果たす

  • カラパイア
  • 更新日:2023/01/25
No image

アメリカ・アラバマ州で、2年間行方不明になっていた犬が今年1月に発見された。

犬の毛は伸び放題で毛玉だらけ。2年前とは変わり果てた姿となっていたものの、マイクロチップが埋められていたおかげで、家族と無事再会を果たすことができた。

家族は丁寧に毛を整え、犬は元の愛くるしい姿を取り戻した。

【他の記事を見る】10年前に行方不明となった犬。あきらめかけていた家族の元に「保護してます」の連絡が!(アメリカ)

Daphne family reunited with dog after two years

2年前に裏口から飛び出し行方不明に。必死で捜索するも見つからず

アラバマ州南西部ダフネに住むエラードさん一家は、リロイというオス犬を飼っていたが、2021年5月から行方不明になっていた。

飼い主のカレンさんが、ゴミ出しのために裏口を10cmほど開けたすきに、リロイは飛び出し、そのまま姿をくらましてしまったのだ。

リロイがいなくなったことに気が付いた家族は、必死で探し回った。SNSで情報提供を呼びかけるも、誰からも情報は寄せられなかった。

カレンさんと夫のロバートさんはもちろん、3人の子供たちも学校にビラを配ったりして、懸命な捜索活動を行ったが見つからない。

子供たちは相当落ち込み、大泣きしていました。リロイがいなくなってしばらくの間は、子供たちが眠る前に「きっとリロイは戻ってくるよ」と慰めるのが習慣になっていました。(ロバートさん)

だが、半年探してもリロイは見つからない。一家はもうあきらめるしかないのかと、絶望の日々が続いていた。

ついに発見されたリロイだが、変わり果てた姿に変貌していた

今年1月、同州ダフネの動物管理官ジェシー・ペインさんは、2 匹の野良犬が民家のフェンスをすり抜けて入ってきたという住民からの連絡を受けた。

保護された犬のうちの1匹は、リロイだった。

だがリロイは、2年前の面影がまったくないほど、毛がぼうぼうに伸び、毛玉だらけとなっていた。

No image

マイクロチップから飼い主の情報が判明

リロイにマイクロチップが埋め込まれていることがわかったペインさんは、早速飼い主と連絡を取った。

飼い犬を発見し、保護しているという連絡を受けたカレンさんは、驚きを隠せなかったという。

家に電話がかかってきて、「こちら動物管理局の職員です。飼い犬が行方不明になっていませんか?」と聞かれたので、私は「えぇ…ほぼ 2 年前ですが」と答えました。

ペインさんは、保護した犬のマイクロチップから家の情報がわかったと言ったのですが、信じられませんでした。

リロイが見つかったとようやく理解した私たちは泣き始めました。ペインさんは10分後に、家に犬を連れてくると言って、リロイが家に帰ってきたんです!

子供たちに会う前に、伸びきった毛を刈り揃え、毛玉も取り払った。

No image

て学校にいっていた3人の子供たちはスクールバスから降りるとリロイと再会を果たす。

子供たちは、「リロイなの!?本当にリロイ?」と両親同様、驚きを隠せない様子だったが、確信すると涙をこぼして喜んだ。

No image

ペインさんは、この奇跡の再会にはマイクロチップが大きな役割を果たしたと確信している。

私の仕事では、毎日がハッピーエンドで、笑顔を見られるという機会はあまりありません。

マイクロチップが埋め込まれていなければ、行方不明になっても情報を得ることができず、このような再会は起こらなかったことでしょう。

やはり、ペットにマイクロチップを埋め込んでおくことは、重要なのです。

リロイに再会したお母さんたちも、とても喜んでいたし、リロイもすぐに元に戻って、大興奮していました。まるで、行方不明になったことなんてなかったかのように、振る舞っているようです。

本当に、飼い主と犬が再会できて良かったです。

リロイと共に行動していたもう1匹の犬にマイクロチップはなかった

保護された時、リロイはエラード家からわずか3km離れた場所にいたという。

一緒に保護された仲間の犬には、マイクロチップは埋め込まれていなかったそうだ。

シャーロックと名付けられた犬の飼い主がこのまま現れない場合は、すぐに新しい飼い主を募集する予定だが、すでに飼い主がいて名乗り出てくる場合もある。

シャーロックも毛が伸びきった状態だったが施設できれいに刈り揃えられ、健康状態もチェックされた。

シャーロックについては、今しばらく様子を見てみるようだ。

リロイは1匹じゃなく、仲間のシャーロックがいたおかげで、辛く厳しい野良生活を生き延びることができたのだろう。

カレンさんは、「2匹がどれくらい一緒に旅をしていたかはまったくわかりません。シャーロックはリロイより少し年上だと聞きました。飼い主がいるのか、捨てられたのかはわかりません。でもリロイを支えてくれていたのです。もし飼い主が見つかれば、リロイを連れて会いに行きたいです」と話している。

Family Reunites With Dog Missing for Two Years
References:Daphne family reunited with dog nearly two years after going missing/ written by Scarlet / edited by parumo

・あわせて読みたい→運命の再会としか...3年前に行方不明になった犬、何気なく見ていたテレビ画面の中で発見(アメリカ)

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加