『着飾る恋』向井理の“走り方”がクセ強め「逃走中のハンターやん」

『着飾る恋』向井理の“走り方”がクセ強め「逃走中のハンターやん」

  • まいじつ
  • 更新日:2021/06/11
No image

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

6月8日、川口春奈が主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第8話が放送された。向井理の〝走り方〟が視聴者の注目を集めた。

【関連】『リコカツ』でも海外赴任…恋愛ドラマのテンプレ展開に呆れ声殺到ほか

同作の主人公・真柴くるみ(川口)は、インテリアメーカーの広報として働く〝着飾る女〟。SNSで10万人近くのフォロワーを持つインフルエンサーだ。社長の葉山祥吾(向井)に想いを寄せていたが、葉山が突然、社長職を退任して失踪。そして、真柴はひょんなことからフードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)の持つ家でルームシェアを開始。超マイペースなミニマリスト・藤野駿(横浜流星)、オンラインカウンセラーをしている関西人・寺井陽人(丸山隆平)、アーティストの卵・羽瀬彩夏(中村アン)と暮らすことになった。

第8話では、真柴と駿の関係を知った香子が、ふたりにフレンチレストランでの大人デートをプレゼントする。しかしデート当日、駿は仕事が終わらずに遅れてしまう。そのことを聞いた葉山は急遽、駿の代わりにレストランでの食事のお供をすることに。真柴を待たせまいと、街中を全力で走って待ち合わせ場所まで駆け付けたのだった。

青春、ですね✨🍀 #着飾る恋 #川口春奈 #向井理 #tbs #火曜ドラマ #第8話6月8日よる10時 pic.twitter.com/aq9MI1C2Ck
— 【公式】『着飾る恋には理由があって』TBS火曜ドラマ (@kikazarukoi_tbs)
June 6, 2021
from Twitter

走り方が変なのは向井理のスタイルが良すぎるから?

この時、葉山はまるで陸上選手かのように背筋をピンと伸ばしたフォームで疾走。その光景にネット上では

《走り方には笑ったw 役の性格を分かってあの走り方にしたんだろうな》《向井理の走り方ちょっとクセあるね》《向井理の走り方ちょっと恥ずかしくなるw》《走り方キレイだし、めちゃくちゃ早いやないか!》《向井理走り方も良い。首出てない顎上がってない脚長いスマート》《社長の走り方、逃走中のハンターやん》《社長さんの走り方ダサいからやっぱり藤野さんと付き合った方がいいと思う》

といった声があがっていた。

脚が長くスタイルが良すぎるが故、走り方が常人離れしてしまったのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加