巨人・井納、2軍戦で7回9安打6失点 立ち上がりを反省「丁寧にいき過ぎた」

巨人・井納、2軍戦で7回9安打6失点 立ち上がりを反省「丁寧にいき過ぎた」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/07

(イースタン・リーグ、巨人2-7ロッテ戦、7日、ジャイアンツ球場)先発した巨人・井納翔一投手(34)が7回9安打6失点とピリッとしなかった。

一回2死から福田秀に右越えソロを被弾。二回は1死から6連打で5失点と序盤に捉えられた。三回以降は無安打投球と、打たせて取る投球で調子を取り戻した。

立ち上がりに苦しんだ右腕は「最初は慎重になり過ぎたり、丁寧にいき過ぎた。三回以降は大胆にいけたことでリズムも取り戻せた。次回は最初からできるようにしたい」と反省を口にした。

No image

巨人・井納

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加