日本属するグループA初戦...メキシコ、4得点でフランス撃破し白星スタート!

日本属するグループA初戦...メキシコ、4得点でフランス撃破し白星スタート!

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/07/22
No image

メキシコがフランスを撃破! [写真]=Getty Images

東京オリンピック男子サッカー競技のグループステージ第1節が22日に行われ、日本と同組のU-24メキシコ代表とU-24フランス代表が対戦した。

メキシコは17分、アレクシス・ベガがエリア内で相手DFを振りぬき右足でシュートを放つ。しかし相手DFがなんとか右足を伸ばしてクリアし、ゴールラインを割ることができない。

19分にはメキシコのディエゴ・ライネスがエリア内をドリブルで強引に突破。しかしクロスはシュートまで結びつかず得点とはならない。

一方のフランスは28分、アンドレ・ピエール・ジニャクが頭で放ったループ気味のシュートはGKギジェルモ・オチョアがキャッチ。続く30分、アルノー・ノルダンが右足を振りぬくも再びGKオチョアに阻まれる。

スコアレスで迎えた後半の46分、セバスティアン・コルドバが後ろからの浮き球にしっかりミートさせて丁寧なシュートを放つ。しかしボールはゴールポストを叩く。するとその直後の47分、ライネスのクロスにベガが頭で合わせてゴールネットを揺らし、メキシコが先制に成功する。

リズムを掴んだメキシコは怒涛の攻撃を仕掛ける。55分、相手DFの足が止まった隙を突いてコルドバが抜け出すと、そのままGKとの1対1を制して追加点を挙げた。

反撃に出たいフランスは67分にPKを獲得。ジニャクがキッカーを務めると、右隅に強烈なシュートを突き刺してフランスが1点を返した。

メキシコは80分、途中出場のカルロス・アルトゥナが右サイドからドリブルで突破し左足でシュート。これは見事ゴールに吸い込まれ再びフランスを2点差に突き放した。

さらに終了間際の90分、相手のパスミスからエドゥアルド・アギーレが右サイドを深くに侵入。最後は角度のないところからシュートを突き刺し4点目を挙げた。

試合はそのまま終了し、メキシコがフランスに4-1で勝利。メキシコは25日に第2節で日本と対戦し、午後8時にキックオフを迎える。

【スコア】
U-24メキシコ代表 4-1 U-24フランス代表

【得点者】
1-0 47分 アレクシス・ベガ(U-24メキシコ代表)
2-0 55分 セバスティアン・コルドバ(U-24メキシコ代表)
2-1 68分 アンドレ・ピエール・ジニャク(PK/U-24フランス代表)
3-1 80分 カルロス・アルトゥナ(U-24メキシコ代表)
4-1 90分 エドゥアルド・アギーレ(U-24メキシコ代表)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加