ピーチ、名古屋/中部〜沖縄/那覇・石垣線を開設 来年1月22日から1日1便

ピーチ、名古屋/中部〜沖縄/那覇・石垣線を開設 来年1月22日から1日1便

  • Traicy
  • 更新日:2020/11/20
No image

ピーチ・アビエーションは、名古屋/中部〜沖縄/那覇・石垣線を2021年1月22日に開設すると発表した。

いずれも1日1便を、エアバスA320型機で運航する。「シンプルピーチ」の片道運賃は、名古屋/中部〜沖縄/那覇線が4,590円から31,190円、名古屋/中部〜石垣線が7,490円から48,990円となる。支払手数料や空港使用料は別途必要となる。航空券の販売は11月20日午後4時から開始する。

名古屋/中部の利用ターミナルは第1ターミナルで、ANAグループのグランドハンドリング会社を活用するほか、すでに就航している都市に路線を開設することで、コストを抑える。

新たな需要が開拓でき、短期で結果が出せる路線として、2路線を選んだという。石垣には東京/成田、大阪/関西から2路線を運航しており、高い需要があり、搭乗率も高いとしている。沖縄/那覇も利便性の向上や運賃のバリエーションを増やすことができるとしている。

中部国際空港で開いた発表会で、森健明最高経営責任者(CEO)は、「北から南まで路線を張ることができた。気軽にピーチのフライトを楽しんでもらう環境ができたと思っている。足元では新型コロナウイルスの新規感染者数が増えている。我々は4月から感染予防対策の徹底を機内、空港、徹底でもお願いする取り組みを始めた。今日から関空から一部の路線で搭乗前抗原検査のサービスを開始した。奄美、宮崎の2路線に搭乗する人の中で希望する人に事前に抗原検査を受けてもらい、安心して旅先に行ってもらうもの。非常に限定的なサービスだが、安い料金で検査を受けていただき、安心して旅行してもらうサービスを実証実験として始めた。このようなサービスが必要ということになれば、エリアを拡大していければいい。」と話した。

ピーチは、12月24日に名古屋/中部〜札幌/千歳・仙台線を開設し、名古屋/中部を新たに拠点空港とする。名古屋/中部発着路線は国内線4路線となる。

■ダイヤ

MM481 名古屋/中部(07:25)〜沖縄/那覇(09:55)

MM482 沖縄/那覇(10:35)〜名古屋/中部(12:35)

MM487 名古屋/中部(13:25)〜石垣(16:25)

MM488 石垣(17:05)〜名古屋/中部(19:25)

詳細はこちら

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加