「おかえりモネ」百音は未知を励ます...6月11日のあらすじ

「おかえりモネ」百音は未知を励ます...6月11日のあらすじ

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/06/10
No image

頑張りを知る百音は未知を励ます - (C) NHK

連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土、NHK総合・午前8時~ほか)の第20回が6月11日に放送される(以下、今後のあらすじに触れています)。

連続テレビ小説の第104作「おかえりモネ」は、宮城県は気仙沼に生まれ育ち、登米で青春を送る永浦百音(清原果耶)が気象予報という仕事を通じて、人々に幸せな未来を届けていく姿を描く物語。現在は第4週「みーちゃんとカキ」に突入している。

百音の妹の未知(蒔田彩珠)は自由研究で取り組んでいたカキが思うように育たず、落ち込んでいた。そのうえ、ベテラン漁師たちから地場採苗の目標を笑われてしまう。そこへ百音が割って入り、未知がどれだけ本気で取り組んでいるかを語って反論するのだった。

その夜、未知は百音が気象予報士の資格に興味を持っていることを知り、応援する。明朝、龍己(藤竜也)と話すうちに百音は、ずっと考えていたことについて、ある気づきを得る。

「おかえりモネ」の脚本を手掛けるのは、ドラマ「きのう何食べた?」や、清原にとって初主演ドラマとなった「透明なゆりかご」などの安達奈緒子。主題歌であるBUMP OF CHICKENの「なないろ」が物語を彩る。(編集部・大内啓輔)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加