ビジャレアルで活躍のウインガーは意外に“格安”? マンUやリバプールに補強チャンスか

ビジャレアルで活躍のウインガーは意外に“格安”? マンUやリバプールに補強チャンスか

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2022/05/14
No image

【写真:Getty Images】

マンチェスター・ユナイテッドやリバプールなど、獲得への関心が噂されるクラブにとっては朗報かもしれない。ビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマは、比較的格安な移籍金で獲得可能だと報じられている。

現在25歳のウインガーであるダンジュマは今季加入したビジャレアルで主力として活躍。ラ・リーガで二桁の10得点を記録しているほか、チャンピオンズリーグ(CL)でも6得点を挙げ、準決勝まで勝ち進んだビジャレアルの躍進に大きく貢献した。

そのダンジュマについて、これまではビジャレアルとの契約に7500万ユーロ(約101億円)の契約解除金が設定されていると伝えられていた。だがスペイン紙『マルカ』が同選手に近い筋からの情報として報じたところによれば、実際には4500万ポンド(約71億円)というのがダンジュマの契約解除金の設定額だという。

今季CLでは躍進したビジャレアルだが、リーガでは現在7位に位置しており、来季の大会には出場できないことが確定している。ダンジュマ自身が来季も大舞台で戦うことを望むようであれば、移籍を考えることもあり得るかもしれない。

イングランドでは特にユナイテッドやリバプールがダンジュマの獲得に関心を示しているクラブだとされている。一方で『マルカ』は、スペインから来季CLに出場する上位クラブが獲得に動くこともあり得ると見通しを示している。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加