下元史朗×烏丸せつこ『なん・なんだ』2022年1月15日公開決定 寺脇研がプロデュース

下元史朗×烏丸せつこ『なん・なんだ』2022年1月15日公開決定 寺脇研がプロデュース

  • Real Sound
  • 更新日:2021/11/25
No image

『なん・なんだ』(c)なん・なんだ製作運動体

寺脇研がプロデュースを務める映画『なん・なんだ』が、2022年1月15日に公開されることが決定した。

参考:西島秀俊&中村倫也、白石和彌監督の『仮面ライダーBLACK SUN』でW主演に

本作は、40年連れ添った夫婦が、これまでの人生、これからの生き方について真剣に向き合い、リスタートするまでの物語。結婚してもうすぐ40年になる三郎と美智子。ある日、文学講座に行くと出かけた美智子が交通事故に合い昏睡状態に。途方に暮れる中、美智子の趣味だった残されたカメラを現像してみると見知らぬ男の姿が映っていた。困惑した三郎は娘の知美とともに、浮気相手探しの旅を始める。

『テイクオーバーゾーン』が東京国際映画祭で高く評価された山嵜晋平が監督を務める。誰にでも訪れる「老い」や「夫婦」であること、「家族」であることを題材にした監督の原案を、妻の秘密に触れ、そこから過去を辿っていく夫という40年を経た夫婦のさよならと始まりの物語に昇華させたのは、『戦争と一人の女』『さよなら歌舞伎町』などを手がけた脚本家の中野太。

全編を支える柱である夫の三郎の哀歓を演じたのは、『痛くない死に方』の下元史朗。『四季・奈津子』で日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を受賞し、近年はNHK連続テレビ小説『スカーレット』でも存在感を発揮した烏丸せつこが、妻・美智子を演じる。そのほか、和田光沙、佐野和宏、三島ゆり子らがキャストに名を連ねた。

公開されたビジュアルには、W主演の下元と烏丸が離婚届を持ち並び立つ姿が切り取られている。(リアルサウンド編集部)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加