ラミレスは断言「セ・リーグにDH制は必要ない」。ならば格差をどう埋める?

ラミレスは断言「セ・リーグにDH制は必要ない」。ならば格差をどう埋める?

  • Sportiva
  • 更新日:2021/02/21

特集『セ・パの実力格差を多角的に考える』

第11回 DH制の有無とドラフト戦略

@アレックス・ラミレス インタビュー(後編)

【写真】美貌に釘付け!横浜DeNAのチアリーダー8名

昨年までの5年間、横浜DeNAベイスターズの監督として指揮を執ったアレックス・ラミレス氏。セ・リーグで育ち、セ・リーグの指揮官を務め上げたラミレス氏は、近年話題となっている「セ・パ間格差」について、どのような見解を持っているのか。インタビューの後編では、格差の原因のひとつとしてたびたび語られるDH制、さらにセ・リーグの各球団が考えるべきドラフト戦略について語った。

No image

DeNA監督の退任に際し、巨人の原辰徳監督(右)から花束を贈呈されるラミレス氏(左)

【もしも、パ・リーグの選手、監督だったら?】

ヤクルト、巨人、DeNAで合計13年間の現役生活を送り、2016(平成28)年から20(令和2)年までの5年間はDeNAで監督を務めた。NPBのキャリアのすべてをセ・リーグで過ごしたラミレス氏に、「もしパ・リーグの選手だったとしたら、自身の成績はどうなっていたと思うか?」「もしパ・リーグ球団の監督だったら、采配や選手起用にどのような変化が生じていたのか?」と尋ねてみた。

「最初の質問については、もしパ・リーグの選手だったら、私はDHとして打撃専門の選手になっていたと思います。でも、守備に就くことなく、ずっとバッティングだけをしていたら、セ・リーグで残したような数字(2017安打、380本塁打など)は記録できなかったと思います。というのも、私は常にフィールドにいたいタイプの選手だからです。守備に就くまでの間にファンサービスもしていました。ファンの人とのコミュニケーションがすごく好きだったので、そうしたものがなかったとしたら、同じような成績は残せなかったでしょうね」

現役時代のラミレス氏が「アイーン」や「ゲッツ!」など、人気芸人のギャグを多用していたのは有名だ。彼にとって、こうしたパフォーマンスはファンとの交流を図るためだけではなく、自身の気分転換にもなっていたという。ラミレス氏は続ける。

「ふたつ目の質問については、セ・リーグとパ・リーグの監督を比較した場合、その複雑さは大きく異なります。セ・リーグの監督を務めたあとにパ・リーグの監督をやるのは比較的簡単だと思いますが、その逆はある程度の経験がないと難しいんじゃないかと思います。それは、DH制の問題があるからです」

ここで、ラミレス氏の口から「DH制」という言葉が飛び出した。「セ・パ間格差」について、その理由として最初に挙げられるのが「DH制の有無」だ。この問題に関して、ラミレス氏はどのように考えているのだろうか?

【セ・リーグまでDH制を導入する必要はない】

「現在、話題になっている『セ・パ間格差』について、DH制との因果関係は当然あると思いますね。パ・リーグの場合は投手が打席に立つ必要がない。じゃあ、その代わりに誰が打席に立つのかといえば、強打の外国人選手が入ることが多い。セ・リーグは打撃が劣る投手がバッターボックスに立ち、一方のパ・リーグは打撃に勝る強打者がひとり増える。それは攻撃力の大幅アップにつながりますよね」

さらに、ラミレス氏は監督経験者ならではの指摘をする。

「セ・リーグの場合は、選手の起用人数が多くなりがちなんです。たとえば、試合中盤になって、チャンスの場面で先発投手に打席が回ります。ここで代打を起用し、そのあとに守備位置を変更しようとしたら、代打を使うだけでなく、別の選手を守備に起用するダブルスイッチが必要になって、一気に多くの選手を使うことになります」

当然、DH制を採用しているパ・リーグでは、この問題に頭を悩ませる必要はない。

「セ・リーグの場合、試合終盤になると選手が足りなくなることがしばしばあります(笑)。でも、パ・リーグは最後の最後まで選手を温存できるから、ここぞという大事な場面で足のスペシャリストを代走に起用したり、守備の名手を守備固めに起用したりしやすくなる。この点もセ・リーグとパ・リーグの違いになっていると思います」

DH制の有無によって、確実にセ・リーグとパ・リーグに違いが生じた。しかし、ラミレス氏は両リーグ間の格差の存在を認めた上で、「セ・リーグはDH制を採用する必要はない」と言い切る。

「ピッチャーが打席に立つことによって、重要な場面で代打を送るのか、バントをさせるのかを判断しなければならず、代打起用の際にはその次の守備をどうするのかも考えなければいけません。複雑な戦略は野球の見所です。だから、私はセ・リーグのDH制導入は賛成ではありません。リーグ間で、それぞれ違うシステムを採用している現状のままのほうが、さまざまな野球を楽しめると考えるからです」

セ・リーグとパ・リーグが直接対戦する交流戦や日本シリーズにおいて、「セ・リーグの本拠地ではDH制を採用せず、パ・リーグの本拠地ではDH制を採用すれば、不公平にならずに、それぞれのスタイルを楽しめる」とラミレス氏は言う。そして、それこそ、野球の多様性、さまざまな面白さの表現となると考えているのだ。

【セ・リーグ各球団のドラフト戦略の見直しを】

ここまで聞いてきたように、ラミレス氏の中では「両リーグ間の格差は存在する」という前提があり、「パ・リーグはセ・リーグの5年先を進んでいる」と考えている。さらに、「このままではセ・リーグはパ・リーグに追いつけない」というのがラミレス氏の持論だ。では、今後、どうすれば両リーグ間の格差は縮まるのか? そんな問いを投げかけると、まずは「ドラフト指名」について、ラミレス氏は語り始めた。

「私が現役だった頃と比べても、パ・リーグのパワー対パワーの野球は年々、進化しています。これまで何度も言ったように、その根本にあるのは、パ・リーグには150キロを超えるボールを投げられる投手が多いことにあります。これは偶然なのかどうかはわからないけど、スーパースターと呼ばれる好投手たちは、なぜかパ・リーグに多い。これは、ドラフト戦略も関係している問題だと思います」

ラミレス氏は、このように指摘した上で、さらに続ける。

「セ・リーグ各球団も、積極的にアマチュアのスーパースターたちを指名していく必要があると思います。昨年ロッテに入った佐々木朗希投手、今年楽天に入った早川隆久投手など、これからの活躍が期待される投手たちが、やはりパ・リーグに集まっています。すぐに結果が出る解決法ではないけれど、長い目で見たドラフト戦略の見直しも、セ・リーグの各球団には求められていると思いますね」

そして前編の記事で述べたように、セ・リーグの各捕手も、「もう少しインコースのサインを出すように」とラミレス氏は提言する。

「セ・リーグ各チームのキャッチャーのような、アウトサイド一辺倒の配球も見直す必要があると思います。スピードボールを投げられる投手がいないから、内角のサインを出さずに外角でかわすピッチングばかりしていると、投手のレベルも、打者のレベルも上がらないし、交流戦ではパ・リーグの各打者に狙い打ちされます。初めは勇気がいるかもしれないけれど、内角をきちんと攻める。そんな配球も必要だと私は思います」

前述したように、パ・リーグが導入している「DH制」により、強打者がズラリと並ぶことでリーグ全体の投打のレベルが上がったことは認めつつ、「セ・リーグはDH制を採用する必要はない」とラミレス氏は言う。改善すべき点は改め、残すべき点はきちんと存続させる。その上で、両リーグの実力が均衡になるように各自が努力していく。そんな持論を展開したラミレス氏は最後に笑顔で言った。

「まだまだ考えるべきこと、取り組むべきことはあるけど、こういうことをみんなで考えるのはとてもいいこと。こういう議論なら、あと5時間ぐらいはできるよ(笑)」

(了)

長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加