iPhone 13シリーズの目玉機能は?ProMotion&カメラ新機能に注目

iPhone 13シリーズの目玉機能は?ProMotion&カメラ新機能に注目

  • Qetic
  • 更新日:2021/09/15
No image

14日深夜に開催されたAppleの新製品発表イベントにて、ついに登場した新型iPhone「iPhone 13」シリーズ。iPhone 12シリーズ同様、5.4インチ、6.7インチ、6.1インチの2種類の計4モデルで発売される本シリーズはどんな魅力があるのか。目玉機能についてご紹介!

iPhone 13シリーズの目玉機能はカメラとディスプレイ!

今回発売されるiPhone 13シリーズは、iPhone 12シリーズと同じく無印シリーズ、そしてProシリーズが用意されている。それぞれの最大の特徴は、大きく進化したカメラ機能だろう。iPhone 13の無印シリーズ2種類は、iPhone 12シリーズとは違い、リアカメラが斜め配置になっている。このリアカメラは、iPhone 12でProシリーズにのみ搭載されていたセンサーシフトOISを導入しており、動画や写真であっても手ブレを気にせず撮影することができる。さらに、広角カメラは1.7µmピクセルと飛躍的に進化を遂げており、iPhone 12よりも光を47パーセント多く取り込むことができるのも特徴的だ。夜間のポートレート撮影などでも活躍するはず。そしてiPhone 13、iPhone 13 Proシリーズ共通の動画撮影モード新機能として、シネマティックモードが追加されている点にも注目したい。この機能を利用すれば、自動でピントを変化させることができ、映画さながらのピント調整をリアルタイムに反映させることができるように。iPhone 13を活用した映像撮影も今後需要が高まるかも?

No image

Photo viaApple Newsroom

加えてiPhone 13 Proシリーズには、ProMotionを採用したSuper Retina XDRが搭載されている。M1チップ搭載のiPad Proで導入されていたProMotion機能だが、今回改めてiPhone 13 Proシリーズにも採用されることに。本機能は、ディスプレイのリフレッシュレートを動きに合わせて、アダプティブに変化させることができるもので、10Hzから最大120Hzまで対応している。ジェスチャーやアニメーション、ゲームなど、操作を必要とする動作が検知されると、リフレッシュレートが高くなり、高速で画面を描き替えることでよりなめらかな映像表示が可能に。一方で、不要な際はリフレッシュレートを自動で低くすることで、バッテリー消耗を抑えることもできる。

両シリーズに共通しているのは、ディスプレイ側のTrueDepthカメラが小さくなることで、ノッチ幅が縮小していることだ。これにより、ディスプレイの表示領域が拡大されているため、より映像や写真を楽しめるように。今後iPhone 13シリーズを活用した写真・映像体験がどんどん増えていくかも? iPhone 13シリーズは、ピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの4色展開。iPhone 13 Proシリーズは、グラファイト、ゴールド、シルバー、そして新色のシエラブルーが登場する。それぞれ9月17日(金)21時から予約がスタートするので、ぜひこの機をお見逃しなく!

No image

Photo viaApple Newsroom

Apple

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.

竹田賢治

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加