重くない【全身黒のかっこいいファッション19選】ずぼら見え回避3つのポイント

重くない【全身黒のかっこいいファッション19選】ずぼら見え回避3つのポイント

  • Oggi.jp
  • 更新日:2021/09/15
No image

クールにまとまって「大人っぽい」「浮かない」「細く見える」、黒のワントーンコーデ。でも、全身黒づくめは重たくなったりのっぺりしがち。シンプルな着こなしに大切なのは、メリハリで表情をつけたり、抜け感を意識すること。季節で見る失敗しない全身黒コーデを紹介します。

【目次】
・ずぼらコーデにしない3つのポイント
・【春夏】の全身黒コーデ
・【秋冬】の全身黒コーデもチェック
・最後に

ずぼらコーデにしない3つのポイント

堅苦しく、重たく見えやすい全身黒コーデ。メリハリで変化をつけて、洒落感を上げることが必須です。大人がマスターすべき、春夏秋冬ごとの黒の着こなしをチェックしていきましょう。

≪洒落感UPの3つのポイント≫
1. 異素材合わせで変化をつける
2. 肌見せで抜け感をつくる
3. 差し色のアクセントもおしゃれ

【春夏】の全身黒コーデ

最も重さを出したくない春夏コーデは、より“抜け感”が大切。小物も上手に活用しながら、黒のワントーンコーデを楽しみましょう。

【1】ビーサンで足元軽やかに

No image

重さを光で飛ばすツヤスカート。トレンドのニットベストを重ねてメリハリUP!

コーデに奥行きを出したいときは、断然ニットベスト!

【2】柄スカートで表情をプラス

No image

アウターも黒の場合は、柄スカートなら簡単! タイトスカートできれいめハンサムな着こなしに。

モノトーン配色の辛口カジュアルなお仕事コーデ♡

【3】凜とした女っぽい黒コーデ

No image

ちょうどいい抜け感が生まれるガウチョパンツ。キマりすぎないシルエットで、気張らずかっこいい着こなしに。

オールブラックコーデのコツはシルエットにあり!

【4】小物でカジュアルに振り切る

No image

しなやかなシャツ×ハリのあるスカートの異素材MIX。フレアスカートのやわらかさで、黒の堅苦しさを排除して。

きれいめコーデには、カジュアル小物でこなれ感を

【5】大人の甘さをラフにプラス

No image

エコレザーのツヤ感とプリーツの立体感が、メリハリを生む新鮮コーデ。春はTシャツ・秋はニットにチェンジすれば、幅広く着まわせる。

クールフェミニン派の【秋トレンドアイテム】

【6】コントラストを素材でつける

No image

マットなブルゾン×ツヤ感エコレザー。異素材の奥行きで「脱・無難」な着こなしに。

オールブラックコーデは素材にコントラストをつけて

【7】個性派デザインで緩急をプラス

No image

ミニワンピースにレギンスを合わせてチュニック風に。フリンジが華やかな白バッグで軽やかさを。

特別感のあるモノトーンコーデで存在感を

【8】透け感で黒の重さを引き算

No image

黒タイトのストイックさをタンクトップで中和。シアーなカーディガンで、素材の変化とヘルシーな色気を。

オールブラックの日は素材で奥行きを

【9】ベージュ小物で抜け感をプラス

No image

夏のマストアイテム“黒ワンピ”。くしゃっとしたギャザーのおかげで、一枚ででメリハリが完成。

黒コットンワンピース着回しコーデ

【10】おしゃれ先取り残暑コーデ

No image

ゆったりしたモードな黒ワンピ。白ブーツで抜け感と大人の余裕を上乗せして。

黒ロングワンピに秋小物で抜け感を

【秋冬】の全身黒コーデもチェック

季節の深まりとともに着まわしやすくなる黒コーデ。それでもメリハリ・コントラストで、重さを控えるのは必須です。冬アイテムの風合いを活かしつつ、おしゃれなレイヤードで大人コーデに差をつけよう!

【1】素材の力で華やぎをキープ

No image

季節の節目に大活躍のエコレザースカート。とろみのあるフォルム袖ブラウスで、華やかさの中に重厚感を投入して。

モードに決まる万能ボトム!【エコレザースカート】

【2】ドット柄スカート 01

No image

簡単にのっぺり感を回避してくれるドット柄スカート。赤みブラウンのパンプスで、まろやかさをプラス。

レディな気分のモノトーンコーデは赤みブラウンの足元で

【3】ドット柄スカート 02

No image

白ブーツの抜け感で重さを払拭した黒コーデ。マリンキャップとクラシカルなバッグで、パリシックな雰囲気に。

【スカート×ショートブーツ】のベストバランスコーデ

【4】花柄スカート

No image

オーバーサイズのプルオーバー&ロングブーツ。重めのアイテムも、シフォンスカートで軽やかな印象に。

スカート×ロングブーツで最旬女っぽカジュアル

【5】肌の露出控えめのハンサムコーデ

No image

黒ニット×スキニーパンツ。シアーなシャツワンピをはおって、女らしいハンサムな着こなしに。

【ユニクロのメンズ黒ニット】着回し10コーデ

【6】パリっぽい休日コーデ

No image

ほどよく抜け感をつくってくれるボーダートップス。細めのボーダーなら大人っぽさをキープできます。タイトスカートのきちんと感は、カジュアルな小物使いでリラクシーに。

【女っぽタイトスカート】をテイスト別に着回し♡

【7】旬を感じるフェミニンコーデ

No image

旬のキャミワンピ×ボーダートップス。愛嬌のある小物を添えて、クールなのにかわいげのある着こなしに。

カジュアルすぎない【ボーダートップスコーデ】

【8】透け感のあるキャミワンピが軽やか

No image

ボーダートップス×キャミワンピに、きれい色アクセントをプラス。いつもの黒コーデが華やかに。

彼とのステイホームをかわいく過ごす♡

【9】重心を上げるシャイニースカート

No image

ずっしりしがちな黒コーデは、サテン素材のツヤスカートと白スニーカーで抜け感を。ストールもグレーを選べば、優しげな顔印象に。

トラッドな着こなしを今っぽく見せたいから… 靴はハイテクスニーカーで!

最後に

かっこいいのに女らしい、大人にぴったりな全身黒コーデを紹介しました。オールブラックだからこそ組み合わせを計算しないと、ダサく見えたり地味に見えがちに。軽さとメリハリを意識して、おしゃれ度上がる着こなしを♪

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加