【速報】大谷翔平、8回無失点で今季6勝目の権利! メジャー最多13奪三振&16者連続アウトの圧巻投球、打では1安打含む3出塁

【速報】大谷翔平、8回無失点で今季6勝目の権利! メジャー最多13奪三振&16者連続アウトの圧巻投球、打では1安打含む3出塁

  • ベースボールチャンネル
  • 更新日:2022/06/23
No image

Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は22日(日本時間23日)、本拠地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・投手」で投打二刀流出場。投げては8回13奪三振無失点の好投を見せ、今季6勝目の権利を得た。

【写真】トップは25億円超? 日本人メジャーリーガーの歴代最高年俸ランキング

大谷は初回、1、2番に連打でピンチを招いたが、後続を打ち取り無失点の立ち上がり。すると2回はいずれも変化球で空三振を奪い、前のイニングから4者連続三振を記録した。

以降は安打すら許さず、ロイヤルズ打線を圧倒。特に4回はクリーンアップからアウトをすべて三振で奪い、5回終了時点で2桁10個と圧巻の奪三振ショーを見せた。

エンゼルスは、5回にデビッド・マッキノン内野手の犠飛で1点を先制。援護点を得た大谷は6回、1死から四球を与えたが、次打者を併殺に仕留めて得点は許さない。

さらに7回を3人で終えると、3点リードに変わった8回もマウンドへ。2死から8番エマニュエル・リベラを86マイル(約138キロ)スライダーで見三振を奪い、メジャー最多の13奪三振を記録。完璧な投球を披露し、投手としての役目を終えた。

この日の大谷は、8回(108球)を投げ、被安打2、与四死球1、奪三振13、失点0の成績。防御率2.90となっている。

一方の打撃では、第2打席に遊安を放って3試合連続安打を記録。四球も2つ選び、3度出塁した。

試合は8回を終了。3-0でエンゼルスがリードしている。

baseballchannel

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加