なぜイタリア人の逆鱗に触れた?スパゲティを半分に折るアニメ描写

なぜイタリア人の逆鱗に触れた?スパゲティを半分に折るアニメ描写

  • Excite
  • 更新日:2018/05/16
No image

日本で制作されたアニメのとあるシーンが、世界中で論争を巻き起こした。問題となったのは女子高生たちがキャンプやアウトドアを楽しむ「ゆるキャン」の第5話で、スープパスタを作っている時にスパゲティを半分に折るシーンだ。この描写に対し「野蛮なやり方」「作者のTwitterに折った蕎麦の写真を送りつけよう」など強い非難が集まった。

冒頭からなんのこっちゃと思っている人も多いだろう。そもそもスパゲティを半分に折るなんて、日本では珍しくもなんともないやり方だ。しかし、一部では(特にイタリア中心に)スパゲティを折ってはいけないと考える人は多く、今回のアニメのシーンは彼らの逆鱗に触れた形となる。

ところで、そもそもスパゲティって折ってはいけないんだろうか?

スパゲティ折ってもOK派の主張は?

今回の話を進めるにあたり、まずはなぜスパゲティを折るのか、その理由を整理しておきたい。「食べ物なんて好きに食べればいい」という感情論はさて置くとして、合理的な理由としては以下のようなものがある。

・小さい鍋でも茹でやすい
・汁が飛び散らないから食べやすい
・袋を半分に折れるから保存しやすい

なるほど、いずれも納得できる理由ではある。このほかネットで調べてみると「調理時間の短縮になる」という意見もあった。なぜ半分に折ることで調理時間が短くなるのか不思議ではあるが、おそらく「用意するお湯が少なくていい」「鍋に入れたときにスパゲティ全体が湯に浸かるので余計な茹で時間がかからない」あたりがその理由ではないかと思う。

折らないパスタ原理主義者の主張は?

さて、パスタを折ることを容認する人々がいる一方で、パスタを折ることに対してヒステリックに拒絶反応を示す人達もいる。彼らの主張をまとめてみたい。

・フォークに巻き付かないから食べにくい

以上である。「それだけかい」と感じる人も多いだろうが、いろいろと調べてみても合理的といえる理由はこれくらいしかない。その他には「冒涜だ」「ふざけている」「不合理だ」「絶対にダメだ」などの理由があったが……とりあえず今回はカットしておこう。パスタを折ることで食べやすくなる/食べにくくなるという両方の意見があるのは、その人の食べ方によるといったところか。

ちなみに、イタリア人でスパゲティを折る人もいて「自分も折って茹でたことがある」「自分は嫌だけど、好きにすればいい」などの意見も少数派ながら存在したことを記しておきたい。自分の友人でも1人だけ、イタリア人だけどスパゲティを折って茹でる人がいるので、そんな人も本当にいるんだと思います。

パスタを折ってはいけない、イタリア的理由は?

いろいろな意見を見てみたが「パスタを折ってはいけない派」の理由はちょっと弱い気がする。調理しやすく、食べやすく、保存しやすいという「折ってもOK派」の意見は合理的だし、「折ってはいけない派」の唯一の理由である「食べやすい」も、人によると言われてしまえば立場は弱い。
結局のところ、パスタを折ってはいけないというのは「こうあるべき」という原理主義的な意見なのだろうか? と思っていろいろと調べていたら、面白い意見を見つけたのでご紹介したい。

『もしスパゲティが折るべきものなんだったら、最初から半分の長さのものが売られていると思う』

なるほど。

ここで改めて述べることでもないが、パスタには無数の種類がある。今回論争のタネになっているスパゲティの一般的な太さは1.8mm前後だが、それより細くなればフェデリーニやカペッリーニと呼ばれる別のパスタになり、太くなればヴェルミチェッリと呼ばれる。断面が四角いとキタッラで、きしめんのように平べったいとリングイネとかタリアテッレなどと呼ばれる。
今紹介したのはほんの一部でしかなく、マカロニなどのショートパスタも含めればイタリアにはおよそ650種類ものパスタが存在する。

イタリアではこのパスタを、ソースのレシピや具材に合わせて使い分ける。例えばボロネーゼならタリアテッレを合わせるし、ペースト(ジェノベーゼ)ならリングイネを合わせることが多い。もちろん650種類全部を使い分けるなんてことはしないが「このソースにはこのパスタを合わせると美味しい」みたいな定番は(そんなに絶対的なものではないけれど)存在する。

つまり、パスタの形状はソースや具材に合わせて選ぶべきで、それを変えてしまうと定番の美味しさから外れてしまう。スパゲティは長いからこそ美味しいのであって、半分の長さのパスタに合うレシピがあるのなら、最初から半分の長さのスパゲティが生み出されているはず、というのが先ほどの意見である。

スパゲティはそのままの長さのほうが美味しいから折ってはいけない。こう考えると先ほどの「折ってはいけない派」の意見も不思議とうなずけるようになる。なんといっても、味に関わる話なのだから優先度は高い。「パスタは折らずに茹でるべき」という原理主義者が存在するのも、こうした原則を守ったほうが美味しいという経験則からなのかも。

もちろん、これも全て食べる人の感覚によるものなので、中にはスパゲティが短いほうが美味しく感じるという人もいるかもしれない。ただ、こういう原則があるということは知っておいてもいいだろう。結局のところ「食べ物なんて好きに食べればいい」という話ではあるのだけれど。

(鈴木圭)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イトーヨーカドー大井町店の食品売り場が大変貌...駅周辺「食の過剰供給」の懸念
食べ飲み放題が999円!?「エビス」で「手羽先&ハイボール」を楽しみ尽くせ!
油断して吉野家の晩ごはん『炙り塩鯖定食』を注文したら完全に意表を突かれた!! まさかの目の前、バーナー直火! しかも激ウマ
セブンが勝てない「最強コンビニ」の秘密
【意味不明】ラーメン屋に入ったら日本酒50種類が飲み放題だった / さらに餃子&から揚げが食べ放題で全男子歓喜! 東京・神保町「蟻塚」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加